ハイサワーとハイッピーとジェイムスンソーダ割り
2010年 06月 10日 |
大井町「金井寿司」から「BRADIPO」。

久しぶりの大井町。最初、BRADIPOに行こうとしたら、開いてなかったので金井寿司へ。
ハイッピーは、ハイサワーの博水社が出してるホッピー風商品名。何となくレモンサワー的な味がするのは気のせいか。
ここの大将はやり手で、地下をカラオケスナックにして女の子を置いている(なぜか店名は白金)。なかなか人気があるようで、そのスナックから寿司の注文もできる。芝浦の某ワインバー店主もお気に入りで、ボトルを常にキープしてるらしい。そんな話をしていたら、大将が「中国にも店を出したんですよ」と言うのでビックリ。写真を見せてもらうと、綺麗どころを揃えた高級クラブな感じで、さらにビックリ。大将は「内装はハリボテみたいなもんですよ」などと言っていたが、そうは見えない。
昨今、中国ビジネスが加速していると言われているが、こんな身近に実践している人がいるとは思わなかった。そのうち、「ガイアの夜明け」に出るのではないか。少なくとも、自分が勤めている会社よりはグローバルである。

最後は例の如く、名物焼き寿司で締めて、BRADIPOへ向かう。
ちょうどアース・ウインド&ファイアーのライブ映像が流れていて、入店早々嫁のスイッチが入り、モーリス・ホワイト降臨状態。その後、ジミヘン@ウッドストック、60~70年代ウェストコーストロックライブ集と続き、他のお客さんを巻き込んでノリノリに。カウンターの片隅で、深刻そうな顔で仕事の話をしていたサラリーマン二人組(上司と部下風)は、そそくさと出て行った。
BRADIPOのマスターは、17日からワールドカップ観戦のため南アフリカに旅立つという。これまたグローバル。お気をつけて行ってらっしゃい。
[PR]
by haku_mei | 2010-06-10 12:46 | 呑む |