ビールと日本酒
2010年 08月 28日 |
門前仲町「三ツ木」で。

門仲鮨屋探訪の旅は続く。今回は三ツ木。前の日記で最初行こうとしていた店とは、また別。こちらは、メディアによく取り上げられる有名店。店主もテレビに何度か登場している。そういう店なので、「俺様の握った鮨をありがたく頂け」的な接客かと危ぶんだが、店の大将は、見た目は強面(国士舘高校空手部OB)ながら、気さくな人柄で楽しませていただいた。おまかせで握ってもらったネタは極めてオーソドックスで、どれも旨いが、その中では比較的珍しいと思える、煮浅蜊の軍艦巻きが印象に残った。お値段もリーズナブル。
この地で店を始めて40年という大将によると、開店当時は周りに鮨屋がいっぱいあったそうで、そういった店は跡継ぎがおらず、店をたたんでいった結果、いつの間にか最古参の一つになってしまったとのこと。そのせいで、取材されることも多いが、「別に断る理由もないので」と、普通に対応している様子。山本一力の小説のモデルにもなっていて、その本がカウンターの片隅に置いてある。こういうのを嫌う人もいるだろうが、大将の人柄がいいので、微笑ましく感じる。

ごちそうさま、と店を出ようとしたところに、一人の女性客が入ってきた。カウンター席に座り、飲み物も決めないうちから「イカと煮蛤と、えーと後は・・・」と、いきなり注文し出す。「すみません。今、煮蛤はないんですよ」と大将に言われ、女性はキョトンとしている。おそらく、グルメサイトかブログに「ここの煮蛤は旨い!」とあったのを見て、来たに違いない。大将は「いや、魚には旬というものがありましてね」と説明を始めた。そこから説明しないといけない時代になったんですなあ・・・。
[PR]
by haku_mei | 2010-08-28 23:43 | 呑む |