ビールと日本酒とラスティネイルとドライマティーニ
2010年 10月 18日 |
門前仲町「太陽」から「オーパ」。

いつもお世話になっている吉祥寺の名医が、門前仲町にやってきた。いわばご来門。ここはいいお店をご紹介しなければと、太陽へ。小肌と戻り鰹を刺身でいただく。鰹が脂が乗ってて激旨。実は前日にも訪れていて、銀座の某○兵衛に卸してる鮪と同じ鮪の、○兵衛が持っていった残りの部分、というのがたまたまあって、それを握ってもらったら、これがまた旨かった。大将は「こんな所で出す鮪じゃないんだけどね」と笑っていた。もちろん、お値段は太陽価格。今日はそれはもうなかったが、代わりに中落ちを握ってもらって、至福の一時。名医は、これが立ち飲み初体験だそうで、「すごく楽しい」とご満悦。そりゃそうでしょう。
客は次から次へとやってくる。最初、入り口付近にいた我々は、いつの間にか奥の方に移動していた。まだまだ来る気配だったので、我々もここで店を後にする。

次はオーパへ向かう。有名なのに未訪問だった店。オーセンティックなバーだが、そこは下町、店内の雰囲気は実にリラックスしている。久しぶりにドライマティーニ飲んだら、結構酔っ払った。家に帰って、嫁と何を話したのか覚えていないくらい。嫁が「オーパってどんな店だった?」と訊いたら「酒がいっぱいあった」と答えたので、呆れ果ててそれ以上何も突っ込まなかったらしい。
[PR]
by haku_mei | 2010-10-18 01:01 | 呑む |