ビールとホッピー
2005年 06月 08日 |
浜松町「レガアト」で。通勤ルートを変えて、浜松町で乗り換えなくなっても、ちょくちょく行っていた立ち飲み屋だが、改装して椅子が入り、ちょっとオシャレなカフェ風になってしまったのを見てから、足が遠のいていた店。今日はどこへ行こうか、浜松町に降り立ったものの、考えあぐねた挙句、レガアトのその後がどうなったか偵察してみることに。
壁に貼られていた品書きは、当然すっかり消えている。しかし、客層は以前と変わらず、オヤジばかり。手元のメニューを見ると、おつまみ315円均一はそのままだが、もう少し値の張るもの(キンキの煮付けなど)もいくつか登場している。おお、以前はなかったホッピーも。すがれた風情はなくなっても、店の本質は変わっていないと確認。フロアを仕切る気風のいいお姐さんも健在。勘定する時、「あら、久しぶりね~」と言われた。
もともとは喫茶店で、ファストフードチェーンの進出に対抗するため、昼は弁当販売、夜は居酒屋という業態に、数年前に変えたらしい。したがって、つまみも惣菜類が多い。場所は、有名な「秋田屋」と道路を挟んで向い側。落ち着いて飲みたいという人には、こちらがいいかも。
[PR]
by haku_mei | 2005-06-08 17:56 | 呑む |