ホッピー
2005年 07月 31日 |
秋津「立ち飲みスタジアム なべちゃん(往生ギャラリー参照)」で。

「野島」へ行こうと、会社が終わってすぐに駆けつけたが、どうしても7時を回ってしまい、すでに満員。他によさそうな店はないかと、新秋津駅の方へ歩いてみる。この西武線秋津からJR新秋津までは、たかだか200メートルぐらいの距離だが、その間に居酒屋がひしめいている感じ。焼き鳥屋が目立ち、チェーン店はほとんど見当たらない。

立ち飲みスタジアムという看板を見つけ、そこに入る。店内には、西武・豊田のユニフォームや、西武在籍時の松井稼頭央の手袋など、プロ野球選手のグッズが所狭しと飾られている。オリックス時代のイチローのユニフォームがあるかと思えば、ヤクルト・城とか近鉄・高柳、ダイエー・若田部、というような微妙なセレクトのものから、同じライオンズでも、西鉄、太平洋クラブ、クラウンライター、それぞれの時代のユニフォームまである。こりゃ、ここの店主は相当お好きと見た。
ホッピーセットが300円で、ナカお代わりが150円という超良心的価格。この日一番高い肴は、うなぎ白焼きで700円。奮発して注文したが、これが旨い。土用の丑の日に、会社の近くで食べたうな丼とは段違い。そのうな丼、タレが少ししかかかっておらず、うなぎ自体も、全く歯ごたえのないふにゃふにゃ状態で、離乳食かと思うほどの柔らかさ。それと比べると、この白焼きは雲泥の差。

帰り際、また「めりけんや」に寄って、おろしうどんにじゃこ天を付けて食べる。讃岐うどんを売り物にするチェーン店が、関東地区にどっと進出して、「えっ、これが讃岐うどん?」みたいな店も少なくないが、このめりけんやは看板に偽りなし。高松で食べたのとほぼ同じ。トッピング類も豊富なのがいい。秋津はかなりレベルが高いな。
[PR]
by haku_mei | 2005-07-31 11:02 | 呑む |