缶ビールと缶ウーロンハイとホッピーとブッシュミルズ
2005年 08月 03日 |
品川「大平屋酒店」から、秋津「野島」を経て所沢「MOJO」。

秋津に着いたのが8時半頃。どうせまた、野島は満員だろうから、なべちゃんで西武戦見ながらトマトハイでも飲むか、と考えながら、店の前を通過する時ふと見たら、おお、カウンターの端が空いている! ある程度遅い時間帯の方がいいのかもしれない。
早速ホッピーを頼み、焼き鳥を注文。マサさんから「一串がデカいので、注文しすぎないように」との忠告を受けているため、とりあえず地鶏とネギマを一本ずつ(用心しすぎじゃ)。それと回りの人がだいたい頼んでいるオニオンスライス。焼き鳥は確かにデカい。でも、春駒のもこのぐらいじゃなかったかな。酔っ払ってると、よくわからない。
ホッピーは、ここもセットが300円。ナカは200円だが、何だか量が多いような気がする。ホッピー一本で、ナカお代わり二杯を余裕でクリア。あんまり腹は減ってなかったので、他の焼き鳥は次回のお楽しみにしておき、もやしのナムルと冷しトマトをもらう。
しかし、ここは安い。焼き鳥はオール90円。ナムル(小鉢に山盛りで出てきた)とトマトは200円。オニオンスライスは150円だ。一番高いつまみでも300円。繁盛するはずだなあ。しかも、焼き鳥をお土産で買っていくお母さんがいたり、店の前で立ち食いする高校生がいたりと、客は酒飲みばかりではない。
これを見て、名古屋に帰った時によく行く味噌串カツ屋の「八幡屋」を思い出した。あそこも、持ち帰り用のオーダーがひっきり無しに入り、オヤジたちに混じって立ち食いする、部活帰りの中学生とかがいた。地元で愛される店には共通点がある。

所沢にも、駅を出てすぐのところに商店街があるが、目に付くのはチェーン店ばかり。ざっと思いつくままに挙げてみても、魚民笑笑マックにケンタ大戸屋日高屋ラーメン花月吉野家てんやに松屋にマツキヨ本を売るならブックオフ、といった具合で、日本におけるチェーンストアのショーケース状態。チェーン店が悪いと言うつもりは毛頭ないが、道幅も狭く、距離も短い商店街に、それだけのチェーン店が軒を並べているというのは、ちょっと味気ない。

家へ帰ると、「酒とつまみ」の最新号が届いていた。なぎら健壱のインタビュー記事で大笑い。彼の語るエピソードが、ホントなのかネタなのかよくわからないが、そこがまた面白い。
[PR]
by haku_mei | 2005-08-03 17:48 | 呑む |