レッドアイとギネスとストロングボウと日本酒
2005年 08月 29日 |
天王洲「ラウンドストーン」で。日本酒は家で。

Dちゃんからのいただき物、古紙の完売(一括変換したらこう出た)、じゃなくて越乃寒梅を開ける。長らく幻の日本酒の代名詞だったが、最近ではネット上で買えるようになったようだ。当方も初体験であるその味はいかに、と飲んでみると、む、これは飲みやすい。だが、昨今人気がある、サラリとしていて、時にはほんのりフルーティ、というような飲みやすさとは違う。酒らしい酒、しかも後をひく旨さ、とでも言いましょうか。フルボディの上質な赤ワインを飲んでいる感覚に似ている。
このレベルの酒が、プレミア抜きの適正価格で、普通の酒屋で買えるようにならないと、巷間言われる日本酒離れは止まらないのではないか。ワインに押されているのは、食生活の変化もさることながら、手頃な値段でクォリティの高いものが簡単に入手できる、という点において、現在はワインの方が圧倒的に勝っているから、のような気がする。後は業界側のPR不足もあるか。
[PR]
by haku_mei | 2005-08-29 18:05 | 呑む |