ビールと日本酒とCCソーダ
2005年 09月 01日 |
大井町「いさ美寿司」から、所沢「MOJO」へ。

いさ美寿司の大将は極めて寡黙。30代前半ぐらいの若い人だが、客と会話を交わすこともほとんどなく、注文しても微かに頷くのみ。まあ、狭い店だし一人で切り盛りしているので、大きな声を張り上げる必要もない。初めて来た時は、こちらが何か機嫌を損ねるようなことでもしたかと不安になったが。
ここの鮨は小ぶりで値段も安いので、ちょっとずついろいろなネタを食べてみたい人にはうってつけ。今日食べた中では、新サンマが旨かった。ビールはスーパードライの缶のみ。酒は、「冷やをください」と言うと、一升瓶から普通のコップになみなみと注いでくれる。
大人の男が「鮨でも食うか」とふらり一人で立ち寄るには、回転寿司よりも、やはりこういう立ち食いの鮨屋の方が相応しい。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-01 17:40 | 呑む |