ビールと緑茶ハイとバーボンソーダ
2005年 09月 13日 |
品川「立ち食いそば・ふじ」から、所沢「MOJO」へ。

大平屋酒店を出て品川駅に行く途中に立ち飲みの店があって、ずっと気になっていた。その「ふじ」は、本来は立ち食いそば屋。今日入ってみると、店内はビールやチューハイのジョッキを並べる中年サラリーマン諸氏ばかり。注文の方法は、立ち食いそば屋ゆえ、最初に食券を買うシステム。酒のつまみ類に関しては、「つまみ300円」「400円」の2種類のチケットがあり、ボードに書かれたメニューを見て、相当する金額の食券をカウンター内のおねえさんに出して注文する。当方は、マカロニサラダ(200円)、ハムカツ(100円)、春巻(300円)を頼む。揚げ物は作り置きではなく、注文を聞いてから揚げ始めるという、意外に本格派。春巻も標準サイズが3本で、しかも熱々。
カウンターの隅には、キャベツとキュウリの浅漬けが丼に山盛りになっており、客は自由にこれを小皿に取り分けて持っていく。串カツ屋における無料キャベツのようなものか。しばらく飲んでいて、ふと丼の方に目をやると、浅漬けはいつの間にか空になっている。替わりにおねえさんが出してきたのは、これまた山盛りのもやしのナムル。

これは、地味だがなかなかいい店ではないのか。もちろん、そばだけを食べに来る客もいるが、何となく肩身が狭そうではあった。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-13 22:13 | 呑む |