ビールとウーロンハイとチューハイとハイボールとCCソーダ
2005年 10月 02日 |
秋葉原「百飲」から、所沢「MOJO」へ。

百飲はオール100円の立ち飲みの店。さすがにビールのジョッキは200円、でもグラスビールは100円だ。いつも混んでいるとのことだったが、早めに来たせいかスペースはあった。一緒に来た上司は、日本酒一合100円にご満悦。あっという間に徳利が空になる。ここはつまみも案外ちゃんとしており、これで100円なら全く問題ない。混んでくると、カウンター周辺で注文する客の渋滞が起こるが、それは仕方がない。
ダントツのコストパフォーマンスを誇る、立ち飲み界の100円ショップにして価格破壊王。しかし、仮に当方の勤務先が秋葉原だとして、ここと、例えば「おかめ」とどちらに頻繁に通うかというと、たぶんおかめだと思う。百飲に不満があるわけでは全然ない。だが、当方が立ち飲みの店に求めているのは、安さだけではない、プラスアルファの何か。その何かは店によって違う。

1時間ほどで、いい感じで酔っ払った上司は、大塚のフィリピンパブに行こうと誘うが、パスさせてもらう。どうも当方は、フィリピンパブでは話が弾まないのである。結局MOJOで閉店まで。
[PR]
by haku_mei | 2005-10-02 00:43 | 呑む |