ビールとホッピーとCCソーダ
2006年 11月 20日 |
大門「憧れ家」から「ます家」を経て、所沢「MOJO」。

最近、立ち飲みの店が増えているという浜松町・大門地区。立ち飲みに関してはご無沙汰だったので、ちょっと巡回してみる。地下に降りていく憧れ家は、しかし、椅子が半分ほど入っていて、純然たる立ち飲み屋とは言えず。しかも、立って飲んでいるのは自分だけで、他の客は皆座っている。店としても、ちょっと中途半端な印象。
芝大門近くのます家は、チェーン系擬似レトロ風ながら、立ち飲み屋としての佇まいは、こちらの方が上。酒や肴の種類も多い。ホッピーもあるし。二階が座り飲みで、来る客は次々に二階に消えていく。二階が満員になって、ようやく一階の立ち飲みカウンターに、客が入り出す。「仕方がない、立って飲むか」という感じ。値段が変わらないなら、座って飲みたいという気持ちもよくわかる。
自分も、立ち飲みでスタートしたものの、後で椅子を入れた店を知っている。あれだけ、東京に相次いで立ち飲みの店がオープンしたのに、メジャーな飲み方として定着するには未だ至らず、ということか。コアな愛好家はいるんですがね。
[PR]
by haku_mei | 2006-11-20 17:53 | 呑む |