生ホッピーと水割り
2007年 02月 01日 |
池袋「北の庄 むらさき」からキャバクラ。

前の会社の同僚と飲む。北の庄むらさきは、生ホッピーがあるのがうれしい。冷凍庫で冷やしたジョッキに入れてくれる。見た目はほとんど生ビールだが、泡の持続時間がちょっと短い。そして、ビールほどお腹にたまらないので、ぐいぐい飲める。ゆえに即効で酔っ払える。ここは、つまみも自分好みのものが多くて、ハムカツとか赤ウィンナーとか、実によろしい。身体にはあんまりよろしくないけど。
いい気分で酔っ払ったオヤジ二人が、次にどこへ行くかというと、当然若いネーチャンのいる店であり、とりあえずサンシャイン通りを歩く。しかし、この界隈はカラオケしかない。池袋では、この手の店はやはり西口、ロサ会館の周辺と気づき、そっちへ。すると、いたいた、客引きのアンチャンがいっぱい。最初に目に付いた店に飛び込む。まあ、ノリのいい子ばかりで楽しかったが、請求書見たら75,000円・・・_| ̄|○ こりゃ、ボラれたか? それとも、これが池袋のデフォルト?
[PR]
by haku_mei | 2007-02-01 18:19 | 呑む |