ビールと日本酒とウーロンハイ
2007年 05月 20日 |
池上「燕楽」から、新所沢「楽蔵屋」。

廣田シェフ推奨のトンカツ屋燕楽へ。ビールとミックスフライ単品を注文。ポテトサラダは、フライに小鉢でついてくると言われたので頼まず。そのポテサラが先に出てきて、ビールのつまみとして食べ出すと、これが旨い。自家製マヨネーズを使用と店内の掲示にあるが、そのせいか。ほのかに甘みがあって、あっという間に食べ終わる。ビールはまだ残っており、メインのフライが出てくるのには間がありそうだったので、結局ポテサラ一人前を頼む。一人前は普通サイズの皿で、ちょっと多いかと思ったが、フライの前にあっさり食べ終わる。ミックスフライはヒレとエビフライ。ビールは飲み終わったので、日本酒にしてみる。日本酒でトンカツ。池波正太郎のエッセイにはよく出てきますね。カツの衣は薄くてしっとり。食べてる途中で、絶対身と衣が剥がれなさそう。肉も上質で上品な味だが、個人的には、もうちょっと下世話な感じでも構わない。エビフライのエビは大きくて、身がプリップリ。これが新橋だったらもっと足繁く通うのだが、新橋にある本店は、廣田シェフ曰く、代替わりして味が落ちたとか。こんどはロースをいってみたい。

燕楽の後は、楽蔵屋で日付が変わるまで。またiPod大活躍。
[PR]
by haku_mei | 2007-05-20 16:50 | 呑む |