ビールと酎ハイ
2004年 07月 02日 |
蒲田「辰万」で。所用で川崎に出かけた帰り、新橋に匹敵するという立飲み天国、蒲田に向かう。時間はまだ4時半。駅前のロータリーに、ホームレスがうつぶせになって寝ている。見ようによっては行き倒れ状態。通行人の誰もが気にかける気配なし。当方も気にせず、飲み屋街へ急ぐ。辰万はカウンターだけの立飲み屋だが、すでに5、6人ほどの客が。瓶ビールはサッポロラガー、通称「赤星」。ポテトサラダ、ニンニク納豆、串カツ、ゲソ塩焼を食べ、酎ハイを追加。〆て1,390円。呑んでる最中に客が増えだしたが、すべてオヤジ。しかもネクタイ姿ゼロ。灰皿はなく、吸殻は床に直接捨てる。三和土になっているので問題はない。
ここは自分が考える理想の立飲み屋に限りなく近い。昨日とは全く違う世界。メリハリがきいていいが、ききすぎでもある。
[PR]
by haku_mei | 2004-07-02 21:24 | 呑む |