サングリアとスパークリングワインとグラッパ
2008年 08月 31日 |
所沢「わいん酒場メルロ」で。

嫁と二人で、所沢の竹下通りことプロぺ通りを歩いていたところ、別名飲み屋ハンターの彼女が、突然、こっちこっちと呼んでいる。横道に逸れたところに、偶然見つけた立ち飲みワインバー。
中に入ると、内装もお洒落で、樽をテーブルにしていたりと、なかなか本格的。その反面、パウチしたお品書きが、大衆居酒屋のように、ペタペタと壁に貼られているのがミスマッチ。自家製サングリアがあったので、さっそく頼む。さっぱりしていて旨いね。
この店、ワイン関係だけでなく、ウィスキー、ウォッカ、シェリーなど様々な酒を置いている。マッコリまであるよ。つまみも、チーズやイベリコ豚、鴨の燻製といった王道があるかと思えば、ベビースターラーメン、じゃがりこ、なんてものもある。と思っていたら、何とキャビアがあった。

スパークリングワインをはさんで、グラッパを飲む。あ~、食道が開くわ~。
総じて、この店、使い勝手はよさそう。コストパフォーマンスも高い。ただ、本格的なワインバーの佇まいなのに、所々に挟み込まれる下世話なテイストは、狙ってやっているのか、所沢という土地柄に合わせているのか、それとも気づいていないのか。この調子だと、ホッピーが出てきてもおかしくない。自分にとってはありがたいが、その路線で行くなら、店のコンセプトを変えた方がいいような気もする。

とりあえず、何度か通ってみたい店ではある。
[PR]
by haku_mei | 2008-08-31 22:47 | 呑む |