ビールと緑茶ハイと眞露水割り
2008年 11月 04日 |
立石「栄寿司」から「毘利軒」を経て「Cafe MAD STAR」。

酒飲みの聖地、立石。今や、イスラム教徒におけるメッカのごとく、その聖地へ巡礼に赴く酒徒たちは、後を絶たず、年々増加の一途をたどる一方だという。われわれもまた、今回、敬虔な酒徒となり、立石に降り立った。
しかし、ここは聖地であると同時に魔都でもあり、一度足を踏み入れたら最後、生還できなかった者も多いと聞く。そこでわれわれは、現地を熟知する、Cafe MAD STARのオーナー、バリュー氏にガイドをお願いすることとなった。
バリュー氏の先導の下、まず入店したのが、栄寿司。一同、鯖に感動し、煮イカに打ち震え、牡蠣に悶絶する。次に向かったのが毘利軒。本場大阪風串カツをあふあふと頬張るうちに、遅れてきた酒徒たちが、次々と合流する。
そしてついに、満を持して、今回の最終目的地、Cafe MAD STARに到着したわれわれは、酒神バッカスを称える儀式を行うべく、全員で歌と踊りに興ずることにした。ジミヘンが降臨する者あり、スツールの上でデッドオアアライブを絶唱する者あり、儀式は深夜まで及び、酒徒たちは皆、法悦の境地に達したのであった。
だが、これだけではまだ、聖地の入り口に立ったに過ぎないと、酒徒たちは第2回、3回の巡礼の旅を実施するべく、固く誓い合い、聖地を後にするのだった。
[PR]
by haku_mei | 2008-11-04 12:26 | 呑む |