ホッピー
2009年 03月 26日 |
八重洲「鐵平」で。

鐵平は、東京駅八重洲地下街にある、比較的新しい立ち飲み。というか、このあたり一帯が、最近リニューアルされたようだ。「富士宮焼きそば」という看板に誘われ、誘蛾灯に群がる虫の如く、ふらふらと店内に吸い込まれる。ここのホッピーは、あらかじめ焼酎を凍らせてあるフローズンホッピー。ジョッキも凍っていれば完璧だったのだが、惜しい。

a0011081_12422712.jpg


早速、焼きそばを注文する。予想に違わぬジャンクな味。上に細かい粉がかかっている。鰹節かと思ったら、イワシの削り粉とか。この、独特の磯臭さというか魚臭さの理由はそれか。これを旨いと思えるのが、まさしく日本人たる所以で、アメ公やらイギ公は食べることすらできまい。
鶏ももニンニク串と静岡黒おでんを追加発注。名物黒はんぺんや、黒褐色になるほど出汁が染みた大根が旨い。先ほどの焼きそばもそうだが、このおでんも、酒の肴というよりは、駄菓子の延長線上にあるような食べ物だ。安っぽくてジャンク。しかし、どこか懐かしくて、つい食べたくなる味。

ネット上では、富士宮焼きそばを「どんなに旨いかと期待して食べたら、がっかりした」というような意見を、ちらほら見かけたが、いったいソース焼きそばに、何をそんなに期待しておるのか、と思ってしまう。ちゃんと最初からB級と言っているではないか。

こういう、気軽に入ってサクッと飲める店が、勤務先の界隈にあると、非常にうれしいのだが、スカしてる割には、味はいまいち、値段も高い店ばかりで、泣けてくる。
[PR]
by haku_mei | 2009-03-26 12:43 | 呑む |