ビールと焼酎水割り
2009年 12月 25日 |
門前仲町「やなぎ」で。

先日、忘年会で行った某店は最悪だった。小洒落た洋食屋で、内装も客もお上品。幹事があらかじめコース料理を頼んでいたのだが、その内容は、サラダ、前菜三点盛り(どれも超プチ)、カニクリームコロッケ(親指大。一つだけ)、ロールキャベツ(稲荷寿司サイズ。一つだけ)、一口カレー(小皿で登場。ほんとに一口)、デザート。以上。ボトル5000円の白ワインは、味がせず水っぽい。あこぎな商売のことよのう。



口直しに、イブの日に、近所のやなぎへ行く。

a0011081_17241311.jpg


カニクリームコロッケの仇は、カニクリームコロッケで討たねばならぬ(何だそれは)。聞けば都心は、人でごった返していたようだが、ここ門仲は、いつもと同じ。やなぎも、予約なしに入れた。お目当てのカニクリームコロッケ、生牡蠣、ヒレステーキとエビフライのセットを注文。隣の家族連れのテーブルに、ローストチキンが出てきたのを見て、思わず「あれも下さい!」と言ったところ、「すみません、予約限定なんですよ」と女将さん。こちらがよっぽど切なそうな顔をしていたのか、「できるかどうか、キッチンに聞いてきます」と言われ、ハーフサイズなら出せるとのこと。言ってみるもんですなあ。

a0011081_17244788.jpg


料理はすべておいしく、懸案のコロッケも、カニの存在をしっかりと確認できる、真面目な一品。どこぞのハイソなレストランで、割高なクリスマスディナーを食べるより、はるかによろしい。
[PR]
by haku_mei | 2009-12-25 17:33 | 呑む |