ハイボールとウィスキーロックとラスティネイルとカヴァとまたハイボール
2010年 01月 28日 |
新橋「ジョンベッグ」から、「クロンダイクハイボール」。

店の前を通り過ぎるたびに、一度は入ってみたいと思っていたジョンベッグ。ようやく思いを果たす。
a0011081_12165929.jpg

時間が早いせいか、自分が口開けの客。店内は、実にオーセンティックな造りのバーで、年配のバーテンダーが2人。バーとはどんなものか、と問われて、こういう店のことをバーといいます、とサンプルに使いたいぐらい。創業60年以上で、客層は60代がメインらしい。
カウンターに陣取り、まずはハイボールを注文。店内のBGMは、自分が入ってきたときは越路吹雪だったが、途中からなぜかベンチャーズに変わる。お通しを食べ、ツマミを頼もうとしたら、チーズか乾き物しかないとのこと。ナッツや柿ピーを食べながら、2杯目はモルトウイスキーのロイヤルロッホナガーをロックで。店名のジョンベッグとは、そのモルトを使ったブレンドウイスキーの銘柄で、現在は生産中止。棚にジョンベッグのボトルがあったので、それをくださいと言うと、「1杯3000円ですよ」と言われ、暗に他の物を勧められる。一見の客に飲ませたくなかったのかもしれない。ラスティネイルで締め、クロンダイクハイボールへ向かう。

a0011081_12181867.jpg

ここも久しぶり。タラの白子のアヒージョが旨い。いつも飲んでるブルイックラディが、2杯飲んだところでなくなり、「これがいいです」と勧めてもらったジュラをハイボールで飲む。しかし、今日は給料日直後というのに、自分以外に男性二人連れが来ただけで(それも自分より先に帰った)、11時過ぎまで他には誰も来なかった。「今日はダメですね」と、オーナー2人はすっかり諦めムード。やっぱり景気悪いのかしら。

ジョンベッグは、すでに嫁が偵察を終えていた。
『10年早い』店
[PR]
by haku_mei | 2010-01-28 12:20 | 呑む |