<   2004年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
|
|
2004年 12月 31日 |
所沢駅前のサウナで。
今日は、母親と弟と外出。最初は巣鴨とげぬき地蔵へ。大晦日の、しかも午前中なので人出は少ない。参拝客は老人度100%かと思いきや、確かに平均年齢は高めなれど、若い女性二人組みとか、小さな子供がいる親子連れなども見受けられる。
次は弟の要望で、お台場のフジテレビへ。今日は気温が低く、フジテレビに着いたころから雪がちらつき始めた。なのに、ここは大層な人出。展望台に上るエレベーターの人待ちがすごい。自分たちのことは棚に上げ、皆さん、他に行くところがないんでしょうか。というか、大晦日ってそんなにヒマな日でしたっけ?
雪はどんどん激しくなり、この後日テレとテレ朝に行くという弟と別れて、母と自宅へ先に戻る。
夜、年越し蕎麦を食べて、弟と駅前のサウナへ行き、K-1を見る。魔裟斗ってホントに口先番長。あれだけ大口叩いといて、冷や冷やの勝利。作られたスターの限界だね。曙は・・・、もう何も言うまい。まずはボビー・オロゴンと戦うところから始めたまえ。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-31 23:42 | 呑む |
2004年 12月 30日 |
所沢「」で。母親と弟が遊びに来ているので、奮発してしゃぶしゃぶを食べに行く。だが、母親はあまり喜んでいない様子。彼女はもともと、安くて量が多い下世話な食べ物が好きなのである。その息子である当方も、実はそうなのだった。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-30 22:10 | 呑む |
2004年 12月 29日 |
家で。所沢は朝から雪。軽く掃除を済ませた後は、ずっと家にいて、一歩も外に出ず。NHK衛星でやっていた「よみがえる熱球 プロ野球70年」の再放送を観て過ごす。年末年始の方が酒量が減りそうな予感。あっ、しまった、年賀状の宛名書きを忘れてた!
[PR]
by haku_mei | 2004-12-29 22:33 | 呑む |
2004年 12月 28日 |
天王洲「天厨菜館」から、所沢「MOJO」。天厨菜館で会社の忘年会。どうも、コースでちょっとずつ出てくる中華料理というのは、違和感がある。やっぱり、大皿にどーんと盛り付けられたのを、円卓をくるくる回しながら取り分けるスタイルでないと気分が出ない。腹いっぱい食べた!という満足感もない。さらに悪いことには、今日のコースには焼きそばがなく、チャーハンもなかった(代わりにマーボーご飯はあったが)。すこぶる不満足。
MOJOでは、バイトのNちゃんが歌う情念フォークを聞き、満足度かなり回復。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-28 09:44 | 呑む |
2004年 12月 26日 |
所沢「MOJO」で。MOJO主催のクリスマスパーティ。ライブもあって盛り上がる中、ちょっとだけお皿を回す。マスターと一部の客にはウケたが、それ以外のほとんどは無反応だったのが哀しい。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-26 08:59 | 呑む |
2004年 12月 24日 |
大井町「飛龍菜館」で。クリスマスイブだが、上司と二人で過ごす夜。さみしーっ!
[PR]
by haku_mei | 2004-12-24 22:41 | 呑む |
2004年 12月 22日 |
天王洲「ラウンドストーン」から、所沢「MOJO」へ。ようやく本格的に寒くなってきた。寒くなったらなったで「あー、さみーなー、チキショー!」とか言ってるわけで、ほんとに人間ってわがまま。
最近、またCDを買い出した。かつてよく聞いていたバンドのベスト盤がほとんどなのだが。その中で、ここ数日のヘビーローテーションはニューオーダー。このチープな音がまさに80年代。ずっと聞いてると一種のトリップ状態に。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-22 08:40 | 呑む |
2004年 12月 20日 |
新幹線車中から、天王洲「杵屋」を経て、所沢「MOJO」。
大阪へ日帰り出張。新大阪へ向かう車中でついキリン一番絞り一缶。まだ午前10時半。関西支社で仕事して、支社長兼取締役に小言を言われ、ショボボボーン。帰りの新幹線でも「やってられるか、けっ」と、当然ビール。杵屋でうどんとおでんを食べ、MOJOでジンライム3杯。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-20 23:27 | 呑む |
2004年 12月 18日 |
神田小川町「玄界灘」から、ビッグエコーへ。大学時代の友人との例会。玄界灘は、もともとこの界隈では有名なラーメン屋だったようだが、今は居酒屋になっている。酒もつまみもリーズナブルでよろしいのだが、この日は店のオバサンが、虫の居所が悪いのか、宴会がいくつも入って忙しさでイライラしているのか、オーダーしたものを持ってくるたびに、こちらの顔も見ず、テーブルにドン!と音を立てて、放り投げるように置いていく。適当なところで切り上げ、ビッグエコーへ。今回の縛りは「一発屋」で、始めのうちは三善英史とか平浩二とか歌っていたが、石川ひとみあたりから怪しくなり、キャンディーズ「危い土曜日」を歌った時点で縛り放棄。でも、「危い土曜日」は名曲だ。♪ぐるぐる危い土曜日~
[PR]
by haku_mei | 2004-12-18 11:36 | 呑む |
2004年 12月 17日 |
大井町「大山酒場」から、所沢「MOJO」へ。大山酒場では、おでんがメニューに登場。今日も昼間は生暖かかったが、夜になって冷え込んできて、ようやくおでんにふさわしい天候に。クリスマスも近いというのに、Tシャツで過ごせる陽気ではシャレにならん。

雑誌「プレジデント」の特集で、国内主要企業の平均年収ランキングが紹介されていたが、トップ10の中に、民放キー局がことごとくランクイン(あ、テレ東はなかったかな)。1位はフジテレビで、社員の平均年齢が40歳弱で、平均年収が1500万円を超える。平均が、ですぞ。この他ランクインしているのは証券会社数社とこういうランキングの常連、電通。まあ、景気がおよろしくて本当にようございましたわねオホホと言うしかないが、この上、プロダクションとの癒着やら制作費の使い込みやらが後を絶たないのはどういうこっちゃ。人間の欲望には限りがないのねえ。こんな状況で、深刻そうに不況の報道なんかされても、見てるほうはしらけるだけ。だいたい、震災の義捐金にしても、募金を呼びかけるより、まずあんたらが自腹で寄付したらどうなのだ。
[PR]
by haku_mei | 2004-12-17 06:59 | 呑む |