<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 29日 |
溜池山王「木都里亭」から、所沢「MOJO」へ。

部の懇親会。松茸会席コースをいただく。松茸自体には、はっきりとした味はないのに、土瓶蒸しになると独特の香りと味わいが出てくるのが不思議。しかし、「ああ、永谷園のお吸い物と同じ味だー」と、つい思ってしまうのがビンボー育ちの悲しいところ。いろいろ出た中で、やっぱり松茸ご飯が一番旨い。お代わり可能だったが、もうおなか一杯で断念。至極残念。

その後、またMOJOへ行って、iPodに入れた「ジンギスカン・ノンストップ・ベストヒット」を、店のアンプにつないで聞く。ここのサイトを見て、急に聞きたくなり購入したもの。もすかう、もすかう。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-29 17:42 | 呑む |
2005年 09月 28日 |
大門「Agoo」から、所沢「MOJO」へ。

翌日が飲み会なので、今日は休肝日にする予定だったが、Agooから「ステラ生入荷!」のメールが来て、急遽予定変更。意志弱杉。しかし、旨いものは旨い。3杯立て続けに飲んじまった。1杯につき1回クジが引けて、当るとステラグッズ(グラスかキーホルダー)がもらえるキャンペーン中で、栓抜きとしても使えるキーホルダーをゲット。家には、こういう飲み屋でもらった景品が結構ある。ステラ関連だけでも、ロゴ入りポロシャツとか、カウンターに置く小さなタオルとか。本当はTシャツが一番ありがたいのだが。
その後、MOJOで12時過ぎまで(またかよ)。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-28 12:50 | 呑む |
2005年 09月 27日 |
所沢「MOJO」で。

先日、ついにDVDポータブルプレイヤー購入に踏み切った。ご存知の方も多いと思うが、あのモニター付きプレイヤーというやつは、チャチな作りのくせに結構値が張りやがるので、ずっと買おうか買うまいか迷っていたのだ。しかし、録画したテレビ番組や映画を寝室で見たいという誘惑には勝てず、とうとう買っちまった。全く聞いたことのない無名メーカー製なのが、ちょいと不安だが。
そして、いそいそと寝室に持ち込んで見た、記念すべき最初のDVDは、「タモリ倶楽部自選傑作集」でした。いやあ、地上絵の回はいつ見ても面白い。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-27 17:47 | 買う |
2005年 09月 26日 |
近所の蕎麦屋と家で。

蕎麦屋店内のテレビが、ちょうど愛知万博の閉会式を放映していた。当方の実家は名古屋で、行ってみようか、と漠然と考えていたが、夏ごろから大盛況とのニュースが流れ出し、結局行くのをやめた。母は行ったようで、案の定「どこもかしこも行列ばっかり」とげんなりしていた。
ぼんやり閉会式の様子を見ていると、次世代に美しい地球を残すことが我々の使命、というメッセージを盛んに繰り返している。当方は、大阪万博の際の「未来はバラ色」展示物の印象が強烈に残っており、今回のような「このままではダメ」と行く末に不安を感じさせるテーマは、そもそも博覧会という、「ハレ」の場にふさわしくない気がずっとしていた。
すると今度は、世界百数十カ国から参加があり、多様な文化と価値観に触れ、相互理解が深まった云々、というコメントが聞こえてくる。お決まりのコメントではあるけれど、この開催期間中、イラクでは毎日のように、テロで大勢死者が出ていたのを誰もが知っているはずで、これもかなり違和感があった。

それでもイベントとしては成功だったわけで、ネット上でもネガティブな意見ばかりではない。
やっぱり行っときゃよかったかな。行列さえなけりゃなあ・・・。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-26 17:41 | その他 |
2005年 09月 24日 |
宇都宮近郊のゴルフ場で。

最近、練習場で調子がよかったので、一躍スコアアップかと思ったが、結局いつも通り。やっぱり、もっと頻繁にコースへ出ないとダメだな。年2回程度ではうまくなるはずもない。

帰る途中、「山田うどん」の本店に寄って夕食。昨今、大きな街道沿いはチェーン系の大型飲食店だらけだが、何となく、山田うどんを見つけるとホッとする。東京の大学に入学して、最初に住んだのが小平で、三多摩地区に多く店舗を持つ山田うどんは、その頃からの馴染み。新所沢に本社がある「ぎょうざの満州」も、同様な理由で愛着がある。餃子も旨いしね。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-24 22:02 | その他 |
2005年 09月 21日 |
天王洲「ラウンドストーン」から、所沢「MOJO」へ。

先月の人間ドックで「減量・節酒に努めるよう」の指示を受けて以来、なるべく週に二日は休肝日を設けるようにしている。それまでは、風邪を引いて寝込む日以外はほとんど毎日飲んでいた。体重が増えたのも、肝機能の低下に関係があるのではなかろうか。
そういうこともあって、毎朝体重計に乗ってチェックする日々。しかし、飲んだ日と飲まない日では、翌日の体重が2キロ弱違う。飲むときは、あまり食べないようにしているつもりなんだが。この間も、MOJOで頼んだつまみは、納豆入り卵焼きと胡麻ダレ豆腐という、ヘルシーメニューだけだったのに、やっぱり体重は増えていた。飲んだ次の日は、サウナ行くことにするか。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-21 17:44 | その他 |
2005年 09月 19日 |
家で。三連休最終日。どこへ行くわけでもなく、近所をぶらぶら、夜になれば飲んでぐでぐでの日々だった。

テレビも地上波は、一部の番組を除いて圧倒的につまらないが、それでもスポーツ中継は割りと見る。今日たまたま日テレの巨人ヤクルト戦を見たら、「強い巨人が見たい」キャンペーンなるものをやっていて、そのためには「先発投手陣の整備」「ホームランよりつなぐ野球を」などと、至極あたりまえの、それもシーズン前から散々指摘されていたことを言っていた。あれだけホームランバッターをかき集めるだけかき集めて、その時は同じ放送局が「超重量打線!」と絶賛していたのにねえ。巨人ファンもさすがにしらけるのではないか。
マスコミの本質はいつも一緒。「進め一億火の玉だ!」と言っていたその口で、ある日突然「一億総懺悔」などと吐かすのである。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-19 20:44 | その他 |
2005年 09月 15日 |
品川「大平屋酒店」から、所沢「MOJO」へ。

大平屋酒店で飲んでたら、いつもレジにいる店のおばさんが、「これからちょっと配達に行ってくるから、留守番しといてね」と言う。その時、店内にいたのは、当方の他常連らしき3名。その内1名は、一人静かに文庫本を読みながら、コップ酒を飲んでいる。「あの人がお代わりくれって言ったらこれを注いであげて」と、一升瓶をカウンターに置いて、おばさんは出て行ってしまった。
「留守番しててくれって、言われてもなあ」
「酒、カバンに詰めて逃げちゃうか」
などと、客同士顔を見合わせて笑う。もちろん、酒持って逃げるなんてことはしない(あたりまえだ)。
今日選んだつまみは、魚肉ソーセージ、焼き鳥缶、韓国海苔、塩豆にスルメ。この店では豪華なラインナップ。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-15 17:38 | 呑む |
2005年 09月 13日 |
品川「立ち食いそば・ふじ」から、所沢「MOJO」へ。

大平屋酒店を出て品川駅に行く途中に立ち飲みの店があって、ずっと気になっていた。その「ふじ」は、本来は立ち食いそば屋。今日入ってみると、店内はビールやチューハイのジョッキを並べる中年サラリーマン諸氏ばかり。注文の方法は、立ち食いそば屋ゆえ、最初に食券を買うシステム。酒のつまみ類に関しては、「つまみ300円」「400円」の2種類のチケットがあり、ボードに書かれたメニューを見て、相当する金額の食券をカウンター内のおねえさんに出して注文する。当方は、マカロニサラダ(200円)、ハムカツ(100円)、春巻(300円)を頼む。揚げ物は作り置きではなく、注文を聞いてから揚げ始めるという、意外に本格派。春巻も標準サイズが3本で、しかも熱々。
カウンターの隅には、キャベツとキュウリの浅漬けが丼に山盛りになっており、客は自由にこれを小皿に取り分けて持っていく。串カツ屋における無料キャベツのようなものか。しばらく飲んでいて、ふと丼の方に目をやると、浅漬けはいつの間にか空になっている。替わりにおねえさんが出してきたのは、これまた山盛りのもやしのナムル。

これは、地味だがなかなかいい店ではないのか。もちろん、そばだけを食べに来る客もいるが、何となく肩身が狭そうではあった。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-13 22:13 | 呑む |
2005年 09月 12日 |
家で。越乃寒梅、ロックにするとさらに飲みやすい。別の容器に移して冷しておくのを忘れていて、大胆にも氷を入れてしまったが、水っぽくならず、ちゃんと旨い。日本酒の通が聞いたら卒倒するような飲み方かもしれないが、まあいいじゃありませんか。

自民圧勝。もう完全にオール与党。平成の大政翼賛会。そもそも、今回の解散のきっかけが自民党の内部抗争なので、最初から民主党や他の野党は蚊帳の外。小泉vs反小泉の仁義なき戦いに巻き込まれてしまったため、注目されようもない。
自民と民主の差もわかりにくかった。マニフェストを読み比べてくれ、と言うが、そんな面倒くさいことをやる人は少ないだろう。郵政民営化イエスかノーかで、選挙戦を展開していった小泉陣営の作戦勝ちである。それに勝つためには、それ以上の作戦を考えねばならないはずだが、全くの無策。「自分たちは正しいので、政策を主張するだけで自ずと勝つ」という、かつての革新勢力のメンタリティが残っているように見える。そしてそれは、「日本は神国なので、いざという時は神風が吹いて勝つ」という戦前の軍部指導者層と同じメンタリティでもある。
マスコミも、まんまと「刺客」に飛びつき、連日その報道ばかり。これでは自民楽勝のはずである。
[PR]
by haku_mei | 2005-09-12 17:53 | その他 |