<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 07月 31日 |
雪が谷大塚某所で、秘密の食事会。那須牛のリブロースとサーロインを15人で食い尽くす。ソテー、炙り焼きときて、〆はステーキビビンバ。これが旨かった。とはいえ、きめ細かくサシが均等に入った極上肉の波状攻撃は、さすがに胃にこたえる。普段、こんな上等な肉食べないからなあ。

宴は11時ごろ終わって、終電には十分間に合う時間。やれやれと池上線に乗ったら、案の定うとうと。はっと目が覚めたら、何と蒲田。どうやら蒲田行きに乗ってしまったらしい。あわてて京浜東北と山手線を乗り継いで、池袋に着いたものの、すでに西武線の最終は行った後。いや、1時15分発の深夜バスがあると思ってバス停に急げば、土曜日は運休・・・ _| ̄|○

マンガ喫茶で朝まで過ごすかと一瞬考えたが、そういう気力も体力ももはやないので、やむなくタクシーで所沢まで。食事代と同じぐらいかかってしまった<(T◇T)>
[PR]
by haku_mei | 2006-07-31 00:05 | 呑む |
2006年 07月 30日 |
御徒町「味の笛」で。

八丁堀で社外セミナーに参加。終わったのが4時で、社に戻らずそのまま飲みに行く。早すぎるが、上司同行なので問題なし。味の笛は座り飲みの二階がすでに満員。一階の立ち飲みフロアで飲む。それにしても、平日のこの時間(4時半)に、この賑わいぶりはすごい。飲んでる人たちは、一見職業不明なオヤジがほとんど。こういう早い時間から飲むのは、背徳の悦楽って感じがして、実に楽しい。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-30 00:01 | 呑む |
2006年 07月 27日 |
秋葉原「おかめ」から「はんな」、「山ちゃん」を経て、神田「バーロブロブ」。

秋葉原~神田立ち飲み巡礼。「おかめ」で、同行者がついに本懐を遂げる。エイジアの武道館ライブ。自分はデビューアルバムだけは持っていた。途中から団体客がやってきて、一気に満員になったが、相変わらず他の客は映像に関心なし。

次に行ったのが「はんな」。店内が満員で、店先のカウンターで飲む。カウンターの位置が高すぎて、ちょっと疲れるが。BGMは有線の80'Sヒット専門チャンネル。プリンスやらべリンダ・カーライルやら。ふと見ると、「写真撮影お断り」の張り紙が。店内や料理の写真を撮るブロガーばかりが客なのかと思ったら、店で働く女の子が芸能人で、その子の写真を撮らないように、ということらしい。でも、この夜は残念ながらいなかった。

そして「山ちゃん」。例の手羽先で有名な店ではなく、「スタンド居酒屋 山ちゃん」である。オーソドックスな立ち飲み店で、居心地はいい。ただ、この辺から、いつもの如く記憶が曖昧で、何を飲んだか覚えていない。

この後、神田まで歩いて行こうということになって、「バーロブロブ」へ。ここでは、多分CCソーダを飲んだような気が・・・。特筆すべきは、この夜、奇跡的に乗り過ごすこともなく、リビングで寝ることもなかった。やればできる子。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-27 17:57 | 呑む |
2006年 07月 18日 |
a0011081_12415257.jpga0011081_12425044.jpg家で。

NHK衛星「わが愛しのキャンディーズ」観ながら。しまった、録画し損ねた。ランちゃ~ん。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-18 12:46 | 呑む |
2006年 07月 10日 |
新橋「こひなた」から、新所沢「楽蔵屋」を経て、所沢「MOJO」。

久々のこひなた。珍しくカップルが店に入ってきた。というか、自分はここで女性客を初めて見た。見たところ男女とも30代後半といった風。「ネットで見て来たんです」と、女性が店のおばさんと話している。こひなたが初めて、というより、立ち飲み自体が初めてらしい。立ち飲み特有の支払いシステム(あらかじめ金を出しておき、注文のたびに店側が取っていく)に、妙に感心していた。
立ち飲みブーム、未だ衰えず、といったところか(もう終焉を迎えた、という人もいる)。OLが団体で来るようになったりするとちと困るが、こひなたでそれはあり得ない、多分。

こひなたで結構飲んだが、時間もまだ早かったので、楽蔵屋へ。自分のiPodを、店のアンプに繋げて、ニューオーダーなどをかけたおす。この後さらにMOJOへ行くものの、ほとんどモーロー状態。気がついたら、家のリビングで寝ていた。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-10 17:58 | 呑む |
2006年 07月 05日 |
大井町「龍」から「BRADIPO」を経て、所沢「MOJO」。

自分が大井町で立ち飲む場合、豊後屋かいさ美寿司がほとんどなので、今日は新規開拓を試みる。一軒目は「龍」。以前、店の前を通ったとき、頑固そうな店主が焼鳥を焼いていたという印象があったのだが、実際は人の良さそうな親父さん。ただ、酒、つまみ共々バリエーションがあまりなく、これといった特徴に乏しいのが惜しい。

二軒目は、東小路の「BRADIPO」。東小路にはまったく不釣合いな、オシャレなスタンディングバー。全品500円で、イタリアンテイストのつまみが旨い。店はオシャレだが、マスターの映画の趣味はレトロ傾向で、自分と似ており、それに関しては、この東小路にぴったり。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-05 17:52 | 呑む |
2006年 07月 03日 |
秋葉原「おかめ」から、所沢「MOJO」へ。

久しぶりのおかめ。同行者がいるはずだったが、突然の体調不良によりリタイヤ。自分はもう、おかめに行く気まんまんだったので、一人で赴く。
7時前に到着。相変わらず見るからにロックとは無縁な客層。ホッピーを飲んでると、若い男性があわてて駆け込んできた。客かと思ったら、エプロンをつけ、食器を洗い出した。おお、ついにこの店にも従業員が。多分バイトだろうが、このサイズの店をマスター一人で切り盛りするのは大変だと、常々思っていたので、誠に結構。

他のお客さんのリクエストで、トミー・ボーリンのディープパープル加入前のライブDVDがかかる。リクエストした人は、見たところ普通のサラリーマン風だが、何ともマニアックなセレクト。負けじと自分が次にかけてもらったのが、シカゴの1972年のライブ。弾きまくり歌いまくる故テリー・キャス。もう、シカゴはキャス在籍時に限る。

ホッピーのナカをお代わりしたときに、マスターがかっぱえびせんをサービスしてくれた。自分のことを覚えていてくれてたのか。シカゴのライブはまだ続いていたが、ホッピー5杯飲んで、とりあえず店を出る。とんとん亭の位置を確認し、所沢へ。MOJOで、もう一騒ぎして帰宅。
[PR]
by haku_mei | 2006-07-03 17:38 | 呑む |