<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 10月 29日 |
大井町「廣田」から「BRADIPO」。

廣田で松茸三昧。一人当たり500g。圧巻は土鍋蒸し(土瓶蒸しではない)。土鍋一杯松茸だらけで、底が見えない。食えども食えども松茸減らず。松茸を食い飽きるとは思わなんだ。〆の松茸ご飯も食べきれず、余った分は持ち帰る。冷凍庫に入れておき、後日解凍して食べたが、やはり旨かった(当たり前だ)。

BRADIPOで日ハム優勝を知る。中日はシリーズに弱いなあ~。かつての阪急のように、最強メンバーの巨人に毎回当たっていたという不運もないのに。この店の常連、元ラグビー部で100mを11秒台で走るオカマ、あゆみ嬢がやってきた。この人何歳なんだろう。見た目はそんなでもないのだが、口にする固有名詞がやたらに古いのである。国鉄スワローズとか城之内とか。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-29 21:53 | 呑む |
2006年 10月 28日 |
秋葉原「おかめ」から「赤津加」。

上野までダリ展を見に来たというI君と、秋葉原で待ち合わせて「おかめ」へ。肌寒かったので、いつものホッピーではなく、お湯割りを頼む。今日はDVDのリクエストはなし。二軒目に赤津加へ行く。鉄ヲタI君、以前この地にあった交通博物館を始め、アキバは馴染みの街だが、電気街のど真ん中にある赤津加に、「こんな所にこんな店があるなんて知りませんでした!」と驚く。客も中高年が中心で、ここだけ異空間なのである。おかめで結構いろいろ食べた後で、あまりつまみを頼めなかったのが残念。こっちを先にすればよかったかな。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-28 09:06 | 呑む |
2006年 10月 24日 |
大井町「ブルドック」から「BRADIPO」。

久々にブルドックで夕食。たまに大量にカロリーを摂取したくなる時がある。今日はビーフカツと鶏唐揚げのセット。相変わらずのボリュームで、血液が全部胃の方に行ってしまう感じ。同じカウンターで食べていた、30代後半とおぼしきサラリーマン、ライスからメンチカツからポテトサラダから、全品食べ残して席を立つ。ビールまでコップに入ったまま。子供の頃、「残さずに食べなさい!」と言われたことがなかったのか。あまりの量に食いきれなかったのかもしれないが、それにしても、すべて食べかけ飲みかけのままっていうのはね。こういうのを行儀が悪いとかお里が知れるとか言うと思うんだが、食べるのも残すのも客の自由ですかそうですか。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-24 17:35 | 呑む |
2006年 10月 18日 |
四谷「鈴傳」から、所沢「MOJO」。

四谷の弘済会館で、自分の所属部署が会員となっているNPOの総会があり、それに出向く。行く前に、しんみち通りで昼食。どこに入ってもよさそうな感じで、地下に店を構える居酒屋にする。日替わり定食780円。メインのおかず(ポークデミグラスソース)の他に、小鉢が5品ついて、ご飯も味噌汁もお代わり自由。生卵、味付け海苔も取り放題。普段勤務する天王洲とえらい違い。この間、天王洲で食べた鯖の干物定食は、そのおかず一品だけで900円だったぞ。天王洲の方が四谷より地価が高いとは到底思えんのだが。

総会終了後、鈴傳で日本酒コップ2杯。頼んだつまみは、鮪刺身、ポテトサラダ、煮込み、おでん、シラスおろし。まさに立ち飲みのデファクトスタンダードのような店。仮に立ち飲みのマトリックスを作った場合、X軸とY軸の交点に置かれるのは、こんな店に違いない。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-18 18:07 | 呑む |
2006年 10月 16日 |
所沢「学校へ行こう」から、新所沢「楽蔵屋」。

「学校へ行こう」、これでも店名である。最近できた韓国家庭料理の店で、焼肉屋ではない。たぶん、店名の由来は、韓国のテレビドラマ「サンドゥ、学校へ行こう」ではなかろうか。豚肉専門と謳ってるだけに、焼肉のバリエーションは少ない。その代わり、つまみやビビンバ、鍋のメニューは豊富。自分は、ユッケとキムチをつまみにビールを飲み、味噌チゲでご飯を食べた。何人かで来て鍋をつつくにはいい店だと思う。場所は、ファルマン通りと小金井街道の交差点付近。

この後、西武新宿線沿線をてくてくと歩いて、楽蔵屋へ。今の季節、夜散歩しながら行くにはちょうどいい距離。RCサクセション初期の名曲「夜の散歩をしないかね」を思い出す。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-16 17:43 | 呑む |
2006年 10月 12日 |
大井町「リモラウンジ」から、「BRADIPO」を経て、所沢「MOJO」。

大井町で飲み食いすることが多くなった。古い店と新しい店が混在していて、バリエーションという点から見ても、実にバランスが取れている。
リモで大根サラダとスパムソテー食べて、さらにオムライス食べようかどうしようかと迷って、結局やめる。BRADIPOで、脱サラマスターとバブル時期にリーマンだった頃の四方山話。パラダイスな日々だったらしい。自分も恩恵にあずかった口。バブル景気よもう一度!と切望する人たちもいるようだが、もうあんなことは二度とないよ。ごく一部の層が超金持ちになるだけだね。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-12 17:52 | 呑む |
2006年 10月 04日 |
神田「バーロブロブ」から、所沢「MOJO」。

7月に行って以来、行ってなかったロブロブを再訪。前回はかなり酔った状態での入店だったので、場所の記憶が曖昧だが、ガード下ということだけは覚えていたため、神田駅を降りて秋葉原方面に向かって、ガード沿いをてくてくと歩く。ほどなくして発見。
つまみ類は300円が基本で、ドリンクもカクテルは300円。ビールやシングルモルト、吟醸酒などは若干高くなる(それでも十分安いが)。つまみは何てことのないメニューだけど、丁寧に作っているという感じがして、実に旨い。今日食べたのは、パスタサラダ(いわゆるスパサラ)、ポテトとベーコン炒め、卯の花(オカラ)にトルティーヤ。
神田という土地柄、オヤジ御用達というイメージが強いが、ここはそんなことはない。オヤジのみならず、女性だけでも若い人でも、落ち着いて楽しめると思う。そういう立ち飲みは、実はなかなかないのである。オーナー夫妻の人柄によるものかもしれない。まさに「店は人なり」。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-04 18:12 | 呑む |
2006年 10月 02日 |
大井町「ポカラ」で。

2種類のカレーが選べるカレーセットを注文。ほうれん草&マトンと玉子カレー。ビールはベトナムの333(バーバーバー)。セットだとナンとライスがそれぞれついて、さらにタンドリーチキンもついてくる。ただ、ライスの量に比べてナンが極端にでかい。ご飯党の自分としては、せめて半々、ナンなしでライスのみ2倍でもいいくらい。カレーはほとんど辛くない。ネパール系だからか。そういえば、20年ぐらい前に、カトマンズに行ったことがあったけど、食べ物が辛かったという記憶はない。
一人だったので、他にいろいろ食べることはできなかったが、全体にコストパフォーマンスはよさそう。このセットだけでも、かなりお腹一杯になる。二階がバーになっていて、そこも雰囲気がいいらしい。
[PR]
by haku_mei | 2006-10-02 11:59 | 呑む |