<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 12月 26日 |
大井町「廣田」から、「BRADIPO」そして「G」。

廣田で鴨鍋(プラス大山地鶏)。クリスマスといったら鍋でしょう(え?)。鴨肉はフォアグラ用に飼育された鴨のもの。煮えばなの、まだ赤身が残っているうちに、どんどんやっつける。出汁はあっさり、肉は濃厚。〆はもちろん雑炊。肉から出た脂がしみわたって、旨いの何の。ワインは同行者と白赤一本ずつ空ける。まだ9時過ぎだったので、BRADIPOへ。マスターと他のお客さんと、バンコクがどうのこうのという話をしたような記憶があるが、詳細は覚えておらず。その後、東小路をさらに奥へ進み、平和小路のバー「G」。ゴールデン街テイスト漂う、5人も入ればいっぱいの店。常連さんが落ち着いて飲んでいるところへ、酔っ払い2人乱入。いや、申し訳ない。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-26 20:45 | 呑む |
2006年 12月 22日 |
a0011081_15233210.jpg名古屋「八幡屋」から、所沢「MOJO」。

名古屋出張で、4時ごろ仕事終了。となれば、帰る前に味噌串カツで一杯、と八幡屋へ。前にも書いたが、この隣の「のんきや」が、テレビで紹介されたりする有名店で、毎日大盛況。八幡屋も人気がないわけではなく、時間がたてば満席になるし、持ち帰り用の串カツやどて焼きを求める客も、そこそこやってくる。今日は時間も早く、のんきやもまだ客は少なかったが、八幡屋にした。のんきやはすぐに満席になって、注文も通りにくくなるため、一人で飲んでると何やら落ち着かないのである。まあ、好みの問題ですけどね。味に関しては、この客数の差ほど違いはない、と個人的には思っている。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-22 15:24 | 呑む |
2006年 12月 21日 |
新橋「ぼんそわ」で。

久々の新橋新規開拓。まだできて間もない感じの、小じんまりとした店。ホッピーを頼むと、中の焼酎ともども凍らせた、ホッピービバレッジ推奨の専用ジョッキ(焼酎の量が一目でわかる星印付き)が出てきた。これが噂に聞くフローズンホッピーか。ただ、ジョッキがでかいので、1杯作るのにホッピー一瓶の大部分を使ってしまった。ナカお代わりはやめて、焼酎ジンジャー割りを頼む。出てきたのは、氷と焼酎がなみなみとはいったビアタンブラーとジンジャーエール1本。これ、焼酎の量がトリプルぐらいあるんじゃないか。ジンジャーエールをちょっとしか注げない。このパターンで、ナカお代わりを4杯ほど。完全にやられました。
おつまみでは、モツ煮込みカレーが旨い。この残りをつけて食べるためのフランスパンも、別に用意されている。ごはんもあって、当日は実際にカレーをかけて食べている人がいた。
明日は5時起きで、名古屋へ出張なので、これで切り上げる。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-21 18:47 | 呑む |
2006年 12月 18日 |
大井町「らんびき」から、新所沢「楽蔵屋」を経て「香港屋台麺」。

MOJOがイベントの日なので、楽蔵屋に向かう。すると、やはり行き場を失った常連達がそこに。その一人、ホットラブ氏が「香港屋台麺に行こう」と言うので、時間は12時近くだったが行ってみる。昭和アイドル歌謡ばかりがかかる店内は、カウンターだけの狭いスペース。そのカウンターも、客が両サイドを挟む形で座るため、まるでテーブルを相席している雰囲気。ラーメンが旨いらしいが、とりあえずホッピーとホルモン炒め(だったか?よく覚えておらず)を頼む。結構酔っ払っていたので、店内に流れる「渚のシンドバッド」に合わせて歌っていたような記憶がある。
しかしお互い、すぐに限界が来てしまい、タクシーで帰る。あ、ラーメン食べるの忘れた。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-18 17:59 | 呑む |
2006年 12月 14日 |
浜松町「名酒センター」から、「百壷」、「Agoo」、「金比羅」を経て、所沢「MOJO」。

名酒センターで大手広告代理店勤務H氏と待ち合わせ。ここは、自分で酒を3種類選んで飲み比べができる。お猪口に3杯で500円。あくまでも試飲させるところなので、普通の立ち飲み屋とはちょっと違う。でも、店内の風景は結局一緒だけどね。
そこで軽く喉を湿して、鯨を食べに百壷(ひゃっこ)へ。「味音痴の白色人種どもに、この旨さがわかるか!」とばかり、本日入荷とお品書きにあったナガスクジラ刺身と、鯨ステーキを注文。刺身は新鮮で、冷凍してたものを戻しましたシャリシャリです的感触がない。ステーキも旨い。鯨以外にも、コンビーフと玉子の鉄板焼といった、家庭料理さながらのシンプルなつまみがまたいい。
まだ飲み足らなさそうなH氏。それではと、Agooでベルギービールを。定番のシメイ赤を彼に薦め、自分はステラアルトワ生。「偶数月はステラの生を入れることにしました」とAgooマスター。マイランキング・海外ビール部門で、ステラの生は堂々の一位なので、今月また来よう。
〆は、讃岐うどんの金比羅でビールとぶっかけ。出てきた瓶ビールがサッポロラガー、通称「赤星」。これは、マイランキング・国産ビール部門で二位の実力者。何だ実力者って。ポイント高いが、店内にあるうどんのメニューを見渡すと、「釜揚げ」はあっても、自分の好きな「釜たま」がない。ポイントちょっと減点。
ここで素直に帰ればいいものを、所沢に着いたら、ついふらふらとMOJOへ。いい気分で飲んでたが、グラスを引っ掛けて倒してしまう。一気に凹んで、逃げるように店を去る。酔っ払いってイヤね。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-14 17:59 | 呑む |
2006年 12月 12日 |
仙台「ロイヤルホスト」から「第三呑兵衛」、そして新幹線車中。

仙台日帰り出張。仕事は2時で終わり、どこか飲めるところはないかと上司と市内をうろつく。国分町界隈まで行くものの、こんな時間からやってる飲み屋は、さすがにない。しかたなく、ロイヤルホストに入り、ソーセージとかポテサラをつまみながら、ビールと赤ワイン。しかし、これでは満足できるはずもなく、4時には店を出て、駅方面に戻る。
すると、路地裏にいい感じに煤けた店を発見。白い暖簾には「ホルモン 第三呑兵衛」の文字。すでにお客さんはいるようで、さっそく引き戸を開ける。女性客も混じっているが平均年齢は高そう。そして、間違いなく全員常連という雰囲気。焼酎水割りを飲んだ後、オールドのハーフボトルを頼んで、それを2人で空ける。つまみ類に特筆すべきところはないけれど、人懐こそうな常連のオジサンが話し掛けてくる。こういう店では、常連さんとの会話がつまみ。
いい気分で酔っ払い、新幹線に缶チューハイとおつまみを持ち込んで続きをしようとしたが、2人ともすぐに爆睡。チューハイもつまみも、ほとんど残ってしまった。仕方なく、家に持ち帰る。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-12 17:40 | 呑む |
2006年 12月 08日 |
a0011081_1743439.jpg初日:広島駅ビル内「紀乃国屋ぶんちゃん」で、牡蠣入りお好み焼きとビールとチューハイ。
広島駅ビルの2階が、お好み焼き屋街になっている。ホテルのフロントで薦められた「麗ちゃん」は行列ができていて、その隣の隣の、空いていた「ぶんちゃん」に入る。それほど店によって差があるとは思えない。お好み焼きだろ? ジモティに言わせると違うのか。翌日の昼、またこのフロアに来て、こんどは「よっちゃん」でイカ入りお好み焼きを食べてみる。違いは・・・ほとんどなかった。

二日目:高松駅前の定食屋で、月見うどんと日本酒。その後、松山へ移動。ホテルの部屋で、ビールと缶チューハイ。仕事のため、夜の街に繰り出すこと叶わず。

三日目:朝食は、松山駅構内のうどん屋で、ジャコ天うどん。岡山を経て新大阪に入り、夜は大阪梅田「亀すし」で、鮨とビールと日本酒。同行した関西支社のI氏によると、「こんなに空いているのは珍しい」そうな。ネタは肉厚で味もよく、値段もお手頃な、いいお店。その後、I氏馴染みのバー、カルピス、じゃなかった「カピルス」へ。

四日目:関西空港内の「蓬莱」で、餃子と鶏唐揚げと麻婆茄子とビール。札幌に着いてから、札幌グランドホテルそばの居酒屋で、シシャモとコマイとビールと日本酒。シシャモもコマイも大ぶりで、脂が乗ってて実に旨い。

a0011081_17455710.jpg五日目:「サッポロビール園」で、生ラムジンギスカンとビールと赤ワイン。この地で飲むなら、やはりビールはサッポロクラシック。生ラムは臭味がまったくなく、旨いのだが、自分はあのマトン独特の香りや味が好きなので、ちょっと物足りない気はする。

言うまでもないことですが、仕事もちゃんとしてました(笑)。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-08 18:06 | 呑む |
2006年 12月 01日 |
大井町「リモラウンジ」から、新所沢「楽蔵屋」。

長期予報では暖冬とのことだが、さすがにここ数日は寒い。それでも、最初はいつもビール。二杯目からはホットドリンクに切り替える。このところ、リモラウンジではスパムソテーを頼むことが多い。こういうジャンクな食材が好きで、つい頼んでしまう。魚肉ソーセージとかハムカツとか。今日はその他、ジャーマンポテトとチリビーンズ。チリビーンズが、結構量があって旨かった。

楽蔵屋でも、今日もホットな焼酎柚子茶割り。最初、店長のOくんがおらず、バイトのKちゃんが作ってくれたが、初めてのトライだったようで、一杯目が柚子茶の味が妙に薄い。それでも、何杯も自分がお代わりをするにつれ、試行錯誤を経て、だんだん理想の味になってきた。この比率で次も頼む。
[PR]
by haku_mei | 2006-12-01 18:20 | 呑む |