<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 02月 27日 |
所沢「百味」から、「MOJO」

航空公園のフリマに参加。持ち込んだものはほとんど売れたが、最高額500円、大半は100円や200円で売ったので、総売上は大したことはない。終わってから、一緒に参加した連中と、百味で打ち上げ。まだ4時だが、プロペ通りにある百味は、朝の11時から開いているので問題ない。旬のメニューということで頼んだタラの芽の天ぷらが旨い。所沢駅周辺は、大手チェーン系居酒屋が幅を利かしており、こういう地元密着の店はだんだん減ってきている状況で、百味にはぜひがんばっていただきたい。寿司でも天ぷらでもとにかくなんでもあります的居酒屋で、客層もなかなか濃い感じ。中高年が圧倒的に多く、少なくとも学生らしきグループは見当たらない。
4時からハイピッチで飲んだため、笑点が始まる前にもう出来上がる。二軒目にMOJOへ移動し、いつもの通り撃沈。
[PR]
by haku_mei | 2007-02-27 12:35 | 呑む |
2007年 02月 21日 |
池袋「北の庄 むらさき」から、所沢「MOJO」。

北の庄むらさきは、7時までメニュー限定ながら、飲み物食べ物オール200円。そのカテゴリーのものだけを、飲み食いしていれば、中島らも言うところのせんべろ(千円台でべろべろ)可能。今日も、生ホッピー2杯に、肉豆腐、里芋煮、味玉そぼろ、にんにく丸揚げとお通し代で1500円。この生ホッピーが効く。
この後、MOJOで軽く〆るつもりが、また日付が変わるまで。
[PR]
by haku_mei | 2007-02-21 12:45 | 呑む |
2007年 02月 18日 |
五反田「庭つ鶏」で。

鳥樹に引き続き鳥づくし。鳥樹で修行した人が始めた店らしい。おまかせで頼むと、鳥刺し、バラ刺し(鶏の首の辺りの肉)、砂肝刺し、レバ刺しと刺身から始まり、塩煮込み、モモたたき、手羽たたきと、次々と出てくる。特に気に入ったのは、クラッカーにつけて食べるレバーペースト。鳥樹よりもメニューにバリエーションがあるのと、ホッピーが飲めるのがありがたい。〆に食べようと思っていた卵かけご飯だったが、「ご飯終わっちゃいました」にがっくり。次は必ず。
[PR]
by haku_mei | 2007-02-18 19:44 | 呑む |
2007年 02月 16日 |
恵比寿「UNIT」から、「立呑屋」を経て、所沢「MOJO」。

リリーフランキー率いる東京ムードパンクスが出るイベントを見に恵比寿へ。しかし、当方のお目当てはスチャダラパー×スライマングース。他にもいろいろなミュージシャンが参加する中、しょっぱなに登場してくれたのはありがたい。ラップグループのライブをテレビなどで見るにつけ、何となくステージが寂しい感じがして、あれで果たして盛り上がるのであろうかと常々思っていたが、今日のようにバンドを従えた形態、特にスライマングースのようなテクニシャン集団だと、音の厚みとか広がりという点で俄然違う。スチャダラもMC含めて面白かったし。
自分はこれで満足してしまい、この後、上のフロアのカフェで、イベント終了までずっと飲んでいた。結局リリフラは見ず。しかし、後で聞いたら、安斎肇がスペシャルゲストで出てきたらしく、それを見逃したのは残念至極。
帰る前に、立呑屋で金魚(焼酎ソーダ割り+唐辛子+大葉)とマルタン(焼酎ハイボール)一杯ずつ。所沢でMOJOに寄ったが、もうほとんど飲めなかった。
[PR]
by haku_mei | 2007-02-16 17:56 | 観る |
2007年 02月 10日 |
大井町「BRADIPO」から、蓮沼「福竹」、渋谷のクラブを経て所沢「MOJO」。

BRADIPOで軽く立ち飲んでから、お好み焼き屋の福竹へ。いっさい客には焼かせず、女将と娘さんがすべて仕切る。特に女将に焼いてもらっている最中は、彼女の長講釈と説教に耐える必要がある。確かに、お好み焼きや焼きそばだけでなく、他の焼き物も皆旨く、耐えるだけの価値はある。これをエンタテイメントと割り切ることができれば、あなたもこの店の常連になれる。好き嫌いがはっきり分かれる店だと思うが、自分は何とかOK。飲むのは、わざわざ抹茶を立てて作るという抹茶割り。
その後、今回の一行の中に、ナイトクラビングの女王がいて、今日オープニングパーティがあるという渋谷のクラブへ。東京のクラブ事情にまったく疎いのでわからないのだが、この手のハコはまだまだニーズがあるということか。ドラァグクイーンの方が大勢いらっしゃいました。
何とか電車で帰り着き、MOJOで〆る。
[PR]
by haku_mei | 2007-02-10 20:22 | 呑む |
2007年 02月 05日 |
新橋「MojoMama」から、所沢「MOJO」。MOJOつながり。

MojoMamaの店内モニターにはマディ・ウォーターズのライブ映像が。それをじっと見る、自分も含めたオジサン3人。周りからは演歌やらテレビの音が聞こえてくる。新橋駅前ビル地下という立地上、まったく音楽に興味のなさそうなオヤジ客も入ってくる。でも、そういう人たちは、だいたい一杯だけ飲んで帰ってしまうのであるが。マディが終わって、ママさんがかけようとしたのがレッド・ツェッペリンのライブDVD。これをかけてもいいか、ママさんが、そのときいる客全員の確認を取る。一人でも「いやだ」という人がいるとかけられないらしい。ローリング・ストーンズも同様。両方ともブルースに大きく影響を受けてるバンドなのに。でも、ストーンズがマディと一緒に出演しているDVDは許可なしでもOK。ジミヘンもOK。白人はダメってことかな。でも、先日はレイ・ヴォーンかけたしな。ジョニー・ウィンターはどうなの?クラプトンは?
[PR]
by haku_mei | 2007-02-05 12:27 | 観る |
2007年 02月 01日 |
池袋「北の庄 むらさき」からキャバクラ。

前の会社の同僚と飲む。北の庄むらさきは、生ホッピーがあるのがうれしい。冷凍庫で冷やしたジョッキに入れてくれる。見た目はほとんど生ビールだが、泡の持続時間がちょっと短い。そして、ビールほどお腹にたまらないので、ぐいぐい飲める。ゆえに即効で酔っ払える。ここは、つまみも自分好みのものが多くて、ハムカツとか赤ウィンナーとか、実によろしい。身体にはあんまりよろしくないけど。
いい気分で酔っ払ったオヤジ二人が、次にどこへ行くかというと、当然若いネーチャンのいる店であり、とりあえずサンシャイン通りを歩く。しかし、この界隈はカラオケしかない。池袋では、この手の店はやはり西口、ロサ会館の周辺と気づき、そっちへ。すると、いたいた、客引きのアンチャンがいっぱい。最初に目に付いた店に飛び込む。まあ、ノリのいい子ばかりで楽しかったが、請求書見たら75,000円・・・_| ̄|○ こりゃ、ボラれたか? それとも、これが池袋のデフォルト?
[PR]
by haku_mei | 2007-02-01 18:19 | 呑む |