<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 03月 26日 |
花見クルーズの後、蒲田「辰万」、「とっちゃん」、「SelectBar」、「くま寿司」を経て、所沢「MOJO」。

花見クルーズにご招待を受け、月島へ。クルーザーに乗り込むが、残念ながら桜はほとんど咲いてない。気象庁のトンデモ開花予想にだまされて、思い切り早めに設定してしまったのが仇となった。それでも、酒を飲みながら東京湾クルージングが楽しめればいいと思っていたのに、船はお台場沖まで移動しただけで、そこに2時間ほど停泊。桜は咲いてないし、料理もパッとしないし、もう少し岸辺に近づけてもらって、お台場に上陸して、そのまま帰りたくなった。

ようやく下船して、同行者が熟知するエリア、蒲田に向かう。時間はまだ3時半。最初に行こうとした店はなぜか休みだったため、この時間で開いているもう一軒の店、辰万へ。相変わらず昭和の雰囲気が漂う店内。実に落ち着く。ここがいいのは、団体客がいないこと。ミクシィやブログつながりの立ち飲みオフ会などという輩を拒絶する佇まいがある。この後、とっちゃんで同行者お薦めのフローズンホッピー。3杯飲むと危険ということで2杯にとどめる。次は一転、蒲田らしからぬSelectBar。店内でニューオーダーがずっとかかっている。スタッフの趣味らしい。自分もCD持ってたらかけてくれそうな感じ。
最後、立ち食いのくま寿司でおまかせを握ってもらってツアー終了。それでもまだ8時過ぎ。帰る途中、乗り越しの危機が若干あったものの、無事所沢到着。MOJOに寄るが、もうほとんど飲めましぇんでした。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-26 20:22 | 呑む |
2007年 03月 20日 |
a0011081_16472747.jpg所沢「MOJO」で。

今や伝説となったホッピー祭り(写真は第3回開催時の告知ポスター)。今回はイベント盛り沢山(DJ+ライブ+落語!)で、初めてイベントらしいイベントになった。お客さんも早い時間から多く集まり、大盛況のうちに終了。自分もCDJ駆使して好きな曲をかけられて満足至極。自分のセットリストは以下の通り。

「夏色のナンシー」早見優
「赤道小町ドキッ」山下久美子
「タイムマシンにおねがい」サディスティック・ミカ・バンド
「ハートのエースが出てこない」キャンディーズ
「ロックンロール・ウィドウ」山口百恵

なにぶん持ち時間が20分と短いため、これだけしかかけられなかった。プレイベントの客入れの時間帯には、八神純子、甲斐バンド、中島みゆきといった、いわゆるニュー・ミュージック系をだらだらとかけていた。
今回、DJ諸氏にお願いしたのは、「全曲日本語の曲で」という一点のみ。こういう縛りにすると、ふだん最先端の洋楽しか話題にしないような人でも、自分の隠れた趣味がモロバレになるので、実に面白い。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-20 17:38 | その他 |
2007年 03月 14日 |
大井町「BRADIPO」から、「廣田」。

廣田で巨大カキフライを食う会。どのくらい巨大かというと、だいたい野球のボールくらい。カキが十数個入っている。あっという間に食べてしまい、同行者たちにあきれられる。自分は揚げ物フリークなので、カキフライに限らず、揚げ物を前にすると興奮して、つい本能のおもむくままに襲い掛かってしまう傾向にある。まるでナニみたいですな。串の坊のような、おまかせで次々と串揚げが出てくるような店だと、串が置かれた瞬間に間髪入れずに食べるので、食べ終わってから「あれ、今の具は何だったっけ」と思うこともよくある。コレステロール値が下がらないのも当然である。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-14 17:35 | 呑む |
2007年 03月 09日 |
新宿御苑「赤ちょうちん」で。

某プログレバンドのライブ帰りに訪問。壁一面にホルモンの部位を示した品書きがびっちりと並ぶ。内臓好きにはこたえられまい。生と焼き、それぞれのホルモン盛り合わせ(小)を頼む。焼きも旨いが、生が最高ですわ。レバなんかトロっとした歯ごたえで、なおかつ臭みがまったくない。10時がラストオーダーのため、あまり他のものを頼めず、短時間で眞露のボトルを空にして店を出る。もっと早い時間に来て、いろいろ頼んで、最後は白いご飯で〆たい店。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-09 12:28 | 呑む |
2007年 03月 06日 |
浜松町「岩田橋角屋」から「桔梗」、「ます家」を経て所沢「MOJO」。

岩田橋角屋で同行者と待ち合わせ。酔っ払う前に例のブツの引渡しを行う。二軒目の桔梗に行くころになって、急に風雨が強まり、びしょ濡れになる。この間、恵比寿に行ったときもこうだったなあ。気温の高さといい、やはり異常。桔梗は、カウンターと奥に小上がりが一つだけの、こじんまりとしたおでん屋さん。おでん種にトマトがあるのが珍しい。ロールキャベツが品切れだったのは惜しまれる。全体に上品な味で旨いが、特筆すべきはママさんのほんわかとしたお人柄。日々ストレスにさらされるオヤジにとっては、まさに癒しの店。ここを出て、芝大門そばの立ち飲み、ます家へ向かう。しかし、何を飲んだか覚えていない。同行者にやたら抱きついた記憶はあるが。店員からは白い目で見られていたに違いない。
平日ということで、普段ならこれでこのまま帰るのだが、所沢方面から呼び出しのメールが入り、MOJOへ。常連のN芸生Sくんの、なかなか進展しない恋の行方を、周りのオヤジどもがよってたかってアドバイス。
「今からその子にメールしろよ」
「でも、たぶん寝てますよ」
「メールだからいいじゃないか!」てな具合で、メールさせると、すぐに返事が来た。
「起きてるぞ!電話しろ、電話!」とさせてみたら、かなり好感触となった模様。いやー、お役に立ててよかったよかった。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-06 17:53 | 呑む |