<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 07月 31日 |
三泊四日の那覇ツアーに行ってきた。ツアー中、口にしていたアルコールはほぼタイトルの三種に尽きる。後は浜辺で飲んだ缶チューハイぐらい。

行ったお店は以下の通り。

・初日
「ししいゆ」
ほんとは有名なステーキ屋に行くはずが、歩いている途中で同行者が「ここ、いいんじゃない?」と言って、入った店。気取らない和風ダイニングバーといった風情で、これが当たり。刺身盛り合わせと寿司と沖縄風焼きそばを頼み、何はともあれオリオンビール。そして、ここで口にした残波の白ボトル(25度)のロックに感動する。飲みやすいというレベルではなく、あっという間にグラスが空になる。このヤバさは、去年新潟で飲んだ〆張鶴の夏季限定吟醸冷酒より勝る。ちなみに、店名の由来は、沖縄方言で、肉(しし)と魚(いゆ)。

「所作バー」
かつて、新所沢の楽蔵屋で、日曜日だけカウンターに入っていたショウちゃんが、何を思ったか単身沖縄に渡り、今年の7月にオープンした店。沖縄に行ったと聞いたときは、楽蔵屋店主をはじめ、常連一同心配したものだが、まだまだ完璧とまではいかないものの、店も店主もそれなりに様になっていて、とりあえず一安心。早くフライヤーとホームページ作れ。ここでもまた、残波白をシークヮーサーで割ってがんがん飲み、べろべろになってホテルに帰る。

・二日目
真壁ちなー
タクシーで糸満の方へ行く途中に、運転手さんが教えてくれた店。エアコンなど使わなくても、扇風機と店内を通り抜ける風で十分涼しい。しかし、この店はわかりにくい場所にあるので、人に連れてってもらわないと多分無理。

高良(たから)食堂
ホテルの近所にあった定食屋。その前を通っただけで、実に旨そうなオーラを感じたが、実際に有名な店らしい。ソーキそばを頼んだら、ソーキ(豚の骨付きあばら肉)の量が半端じゃない。麺も多くて、食べても食べても全然減らない。そばを頼むとき、もう一品頼んでシェアしようと豆腐チャンプルーを追加する。値段が300円だったので小皿で出てくるのかと思ったら、大皿にたっぷり乗って出てきた。しかも、茶碗にてんこ盛りになったご飯付き。気分はTVチャンピオンの挑戦者。ご飯と麺だけはクリアしたが、そこでギブ。

「ししいゆ」
夜、遠出するのが億劫になってしまい、昨日に続いてししいゆ。

・三日目
三笠
この店もタクシーの運転手さんに教えてもらった。年中無休・24時間営業の、運転手さんたち御用達の店。ソーメンチャンプルーとへちまの味噌煮を注文。案の定、チャンプルーも味噌煮も量が多い。味噌煮には皿に山盛りのご飯が当然のように付いてきた。チャンプルーにもご飯が付けられるけどいいかと訊かれるが、涙を飲んでお断りする。もう一品追加しそうだったのをやめて正解。どちらも旨いが、沖縄料理独特の味のポイントは塩と味噌か。味噌は、自分が馴染み深い赤味噌系の味がする。

ステーキハウス88
ホテルの近くにも旨いステーキ屋がないかと訊いて、教えてもらった店。テンダロインステーキとスモールステーキ。タコスならいいだろうと、もう一品追加。しかし、これがまた結構な強者で、ひき肉とキャベツが隙間なくびっしりと詰まっている。何とか完食。

「所作バー」
那覇最後の夜なので、ショウちゃんの顔を見に行く。精進しろよ~。

・最終日
「ステーキハウス88」
昼食を高良食堂でリベンジしようと行くものの、店のシャッターに貼紙が。何と、店舗移転のため今日からしばらく休業とか。われわれは実にラッキーだったのだ。それではと、昨日行った88のランチメニューが旨そうだったので、88へ。Bランチ(480円!)とメキシカンランチ。

かくして、飲んで食ってばっかりの那覇ツアーであった。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-31 17:50 | その他 |
2007年 07月 26日 |
大井町「BRADIPO」から「大山酒場」を経て、「THE NIGHT FLY」。

「藍の家」で鰻を食べる予定が、店に行ったら定休日。代案を用意してなかったため、同行者からリスク管理の甘さを厳しく指摘される。とりあえず、つまみのバリエーションが豊富な大山酒場へ。ここでお腹を満たし、以前から行ってみたかったNIGHT FLYに向かう。
回りはカラオケスナックやチェーン系居酒屋が軒を連ねる中、そんな環境にはまったくそぐわない本格派バー。ジョン・カビラにちょい似のマスターは、ロックアイスをオーダーが入るごとに、そのつど丸く削って使う。自分が頼んだラスティネイルとレモンハートは大振りのグラスで出てきた。同行者のフォアローゼズブラック・ダブルロックは、グラスからあふれんばかり。通常の店の1.5倍ぐらいの量があるのではないか。
店内はマスターセレクトの70~80年代のロックが流れ、ボビー・コールドウェルに思わずグッとくる。リクエストも可能。今回、自分はポリス、同行者はジミヘンをかけてもらう。
あまりに居心地よくて、終電を逃し、池袋発の深夜バスまで逃し、タクシーで帰宅。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-26 10:27 | 呑む |
2007年 07月 17日 |
所沢「MOJO」で。

MOJOオープン3周年記念80's&ホッピーナイト。回を追うごとに盛り上がりを見せるホッピーナイトだが、今回は特に目玉がないのにもかかわらず、7時にはカウンター席はすでにフル。8時に開会の挨拶を主催者が(自分ですが)行うときには、テーブル席もほぼ満員状態。マスターの人徳だねえ。
今回の自分のセットリストは以下の通り。

スローなブギにしてくれ/南佳孝
Mr.Roboto/Styx
Cold As Ice/Foreigner
You Might Think/The Cars
Breakfast in America/Supertramp
Working for the Weekend/Loverboy
My Revolution/渡辺美里
六本木心中/アン・ルイス
Get Wild/TM NETWORK
十戒/中森明菜
そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸
銀河鉄道999/ゴダイゴ
Good Morning-Call/小泉今日子
Pump Up the Volume (UK 12" Remix)/M/A/R/R/S
Rock it/Herbie Hancock
Mega Mix-Dead or Alive/Dead or Alive
All the way/New order

非常に気持ちよくDJさせていただいたものの、重大な事実が判明。今回の縛りは「80年代の曲」だったのに、自分のかけた曲の中に、70年代のものが「混入」していたことがわかった。図らずも「偽装表示」となってしまい、関係者各位には深くお詫び申し上げますm(_ _)m
[PR]
by haku_mei | 2007-07-17 21:29 | その他 |
2007年 07月 17日 |
蒲田「歓迎」から「Select Bar」を経て、大井町「BRADIPO」。

蒲田は立ち飲みのメッカであるとともに、餃子の名店が多いエリアでもある。今回は前から目をつけていた歓迎(ホアンヨンと読む)へ。まず名物の羽根付き餃子を。大振りで旨い。水餃子も皮がもちもちしていて肉汁たっぷり。上手に食べないと肉汁が飛び散ってしまう。
Select Barでサングリアをぐびぐび飲んだ後は、大井町に移動。サッカーアジアカップ放映中のBRADIPOはほぼ満員。スパークリングワインを二人で一本空けて帰路につく。終電の時間を読み違えていたため、池袋発の最終に間に合わず、小手指行き深夜バスに乗る。今夜は一台に乗り切らないほどの乗客数。景気がいいのか悪いのか。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-17 17:42 | 呑む |
2007年 07月 12日 |
新橋「魚沼や」から「MojoMama」を経て、所沢「MOJO」。

魚沼やはニューしんばしビル一階にある立ち食い蕎麦屋。夜は立ち飲みになる。もちろん蕎麦も食べられるし、丼物もある。つまみも豊富で、刺身、天ぷら、揚げ物など、店内の黒板にびっしり書かれていて、オムレツなんてものまである。手っ取り早く飲んで腹を満たすには、実に手ごろな店。夜でも蕎麦だけ食べに来る客も少なくない。
MojoMamaに移動して黒ホッピー。預けてあったDVDを受け取って帰る。所沢MOJOで、この店の開店3周年記念80's&ホッピーナイトの打ち合わせ。またDJやる予定。出番が二回あるが、最近、新しい音源を仕込んでないので、ネタがない。相変わらずのアイドル歌謡路線に加え、80年代ロンドンクラブシーンの再現を目指すつもりだが、多分無理(泣)。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-12 12:42 | 呑む |
2007年 07月 08日 |
新橋「MojoMama」からアイリッシュパブ。

某有名鶏料理専門店に行こうと思い、前日に予約を入れておいたところ、当日の3時半頃に電話がかかってくる。流しが詰まってしまい、至急業者を呼んで直しているが、開店が何時になるかわからないとのこと。当然キャンセルだが、これって店にとっては相当恥ずかしいことじゃないのか。いろいろとメディアにも取り上げられて、慢心してたのかもしれない。とりあえず、当分は行くことはないだろう。
行き場を失いノープラン状態。新橋にいたので、MojoMamaへ。そこで軽く飲んで、駅前SL広場そばのアイリッシュパブに行く。ここは生のストロングボウがあるのはよかったが、料理が今ひとつ。アイルランド風カルパッチョとは何かと思って頼んだら、何の変哲もない普通のカルパッチョだった。
ただ、周りには、不動産事情を甲高い声で延々としゃべり続ける、ムッシュ・ビベンダムに似た若い男性とか、テーブルの上でお互いに手を握り合い、男性が女性の手にキスしている中年カップルとか、ユニークな客が多く、それはそれで楽しめた(のか?)。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-08 20:07 | 呑む |
2007年 07月 03日 |
浜松町「上海園林」から、新橋「MojoMama」。

会社を午後半休にして、昼間からビール。ああ、ええなあ。調子が出てきて紹興酒も頼む。店を出ても、まだまだ明るい。MojoMamaは4時半ごろから店を開けているので、そちらへ向かう。さすがに先客が一人いるだけだった。今日は梅割りをやめてホッピーにする。梅割りにすると、口当たりがよすぎて、ロックでもがんがん飲めてしまうため、大きなダメージを被ること多し。
MojoMamaも、時間帯によっては、店から人がはみ出て通路で飲んでるくらいの人気店になったが、そのほとんどは常連客。最近は、その常連の顔ぶれもほぼ固定されてきた感じ。客にとっては居心地のいい状態だが、ママ目当てで来る客が圧倒的に多いので、どうしても客一人当たりの滞在時間は長くなる。もうちょっと回転がよくなれば、満員で入れないことも少なくなるし、新しい客も増えると思うが、まあそれは外野がとやかく言う問題ではない。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-03 17:38 | 呑む |