<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 09月 30日 |
芝浦「WANDO」から、新橋「MojoMama」。

WANDOのワイン試飲会に参加。店主が直々にフランスで買い付けてきたワイン11種を試飲する。相方ともども、ワインの薀蓄などこれっぽちっも語れないわれわれが、そんな所へ顔を出していいのかと不安だったが、「お気軽にどうぞ」と言う優しい店主のお誘いを受けてやってきた。片っ端から飲んでいくが、とにかく「うまい」「飲みやすい」「ちょっと渋い」「甘い」ぐらいしか、表現するボキャブラリーがないのが情けない。
神の雫」の主人公のように、
「何て女性的なワインだ。例えて言うなら黒い髪、大きな黒い瞳の東洋の女、そして手にはエスプレッソ・・・」
とか、
「このワインには森のような静けさがある。その森の奥にある泉が見える・・・」
てなことを言ってみたかった。
今回の試飲ワインの中から、白1本とバッグ・イン・ボックスの赤を発注する。バッグ・イン・ボックスとは、よくサントリーやメルシャンが売っている、箱に蛇口がついたアレ。この赤は、値段は見た目相応の庶民的だが、味はハイクラス。白の方は、樹齢50年以上のミュスカデで作られたというもので、相方から「赤は飲んでもいいが、その白は自分一人で飲まないように」と、厳しく釘を刺される。
その後、MojoMamaでひとしきり飲み、帰り際にラーメン屋に入る。そこのラーメンを食べて、相方が「この味、サッポロ一番塩ラーメンと同じ」と言い、激しく同意する。そういう表現力なら、われわれは得意なのだが。
[PR]
by haku_mei | 2007-09-30 19:37 | 呑む |
2007年 09月 27日 |
桜木町「石松」から、伊勢佐木町「新風亭」、野毛「Bodegon Nogue」、関内「BAR KNIGHT」を経て、所沢「MOJO」。

午後1時に桜木町で待ち合わせて、まずは地下の立ち飲み石松からスタート。祝日ゆえ、周りの店はほとんどシャッターが下りている中、スポーツ新聞片手のオヤジたちが集う。ここだけ新梅田食道街という雰囲気。
風俗街を通り抜けて伊勢佐木町まで歩き、買い物を済ませ、さて昼飯でもと思ったが、なかなか適当な店がない。ふと、オタフクソースの幟が目に入り、新風亭でお好み焼き。神戸出身の相方は「これは広島焼きであって、断じてお好み焼きではない」と言うが、そういえば、テレビで藤井隆とアンガールズ(広島出身)が同じような言い合いをしていたなあ。名古屋出身の自分にとっては、どちらでもよろしい。ちなみに、自分が小さいころ、名古屋でお好み焼きといえば、薄くクレープ状に焼いて折りたたんで食べるものであった。新聞紙かなんかでくるんでね。完全におやつです。
その後、また野毛に戻り、最近できたというスペインバル、Bodegon Nogue(ボデゴン・ノゲ)へ。店内は立ち飲み用カウンターと壁際にテーブルと椅子が2セット。道路に面したテラス席もある。この構成、隣のイタリアンバー、BASILと全く一緒。このBASILには、前回入ってサングリア飲んだ。Bodegon Nogueは女性店主が一人で切り盛りする感じのいい店だが、この日はあいにく、テラス席にいた女性客の声がやたらにでかいのに閉口する。見たところ30代後半以上で、「やばくねー!!みたいなー!!」と大声を張り上げる。店内にかかっていたフラメンコの曲が聞こえないぐらいの音量。この人は彼氏もしくはご主人と一緒のときでもこうなのだろうか、普段でこうならナニのときはどんだけ・・・、などと考えてしまった。
もうちょっと長居したかったが、大声女に対して我慢の限界にきていたわれわれは、また関内へ移動。BAR KNIGHTで餃子とパスタ食べながら、店内のモニターに映る「M:I:Ⅲ」を鑑賞。いつまでも童顔のトム君は、このままでは俳優としての魅力に乏しい、ということで相方と意見が一致する。
所沢に戻って、パーティ真っ最中のMOJOに顔を出す。N君が店長の美容室オープン2周年記念パーティ。N君におめでとうを言ったが、相当酔っ払ってた彼は多分覚えていまい。
[PR]
by haku_mei | 2007-09-27 13:07 | 呑む |
2007年 09月 23日 |
鶯谷「ささのや」から、新橋「クロンダイク・ハイボール」

吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズのライブを観に鶯谷へ。開演前に腹ごしらえをと、会場の周りをうろついたら、煙が立ち昇る中、立ち飲んでるオヤジたちを発見。店内には椅子席もあるので、相方と入る。もつ焼きを一通り、塩でいただく。タンが旨いね。
ライブを堪能した後、新橋に移動してクロンダイク・ハイボールへ。シェリーを一杯飲んで、ラフロイグのハイボール。こういう名のあるシングルモルトをソーダで割ったりすると、眉をひそめるウィスキー通がいそうだが、ハイボールは立派なカクテルの一つと思っていて、腕のあるバーテンダーが作れば実に旨いのである。まあ確かに、ハイボールに合うウィスキーとそうでないのはあるらしいが。
気持ちよく酔っ払って、帰途に着く。頭の中に吾妻光良の歌声がループする。♪手を洗え~、歯を磨け~、帽子は脱げ部屋の中~。
a0011081_22143799.jpg

[PR]
by haku_mei | 2007-09-23 22:15 | 呑む |
2007年 09月 10日 |
関内「Casa de Fujimori」から「Moonlit club

相方をガイドに横浜観光ツアー。関内駅からベイスターズ通り、中華街を通って山下公園へ。さすがに中華街は観光客が多い。わざわざ中華街まで行かなくても、都内にそのレベル以上の中華料理屋はいくらでもある、と言われたのは、もう20年以上前だと思うが、それでも人は来る。ここはもう、一種のアミューズメントパークとなってるのね。確かに楽しい。下手に中華料理屋に入って、さんざん待たされて、まずくはないという程度の料理を、劣悪なサービスで食べさせられることさえ経験しなければ。中華街へ観光で来て、いい思い出だけを残すためには、できるだけこのエリア内で食事しないことである。中にはいい店もあると思うが、そういう店はまずグルメガイドには出てこない。
今回は、そもそも中華街で飯を食うことは全く考えておらず、スペイン料理のCasa de Fujimoriへ。ほんとはこの店ではなく、ここの姉妹店を予定していたが、以前より味もサービスも落ちたとの情報が入り、急遽本店の方へ。何よりもまず、サングリアが旨い。乳酸菌の味がして、ぐびぐび飲める。ハモン・セラーノ食べて、ムール貝食べて、魚介類のマリネ食べて、ガスパチョ飲んで、とどめはイベリコ豚のパエージャ。おこげがおいしい。でも、もう胃が玄界灘。
すぐそばのMoonlit clubに移動して、ジントニック。相方はメーカーズマークのシングルロック。・・・逆のような気がする。
[PR]
by haku_mei | 2007-09-10 19:03 | 呑む |