<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 10月 28日 |
a0011081_124119100.jpg家で。

最近のスーパーには、いろいろな種類の鍋つゆを売っている。その先駆者はたぶんキムチ鍋の素じゃないかな。その後、ちゃんこにもつ鍋、豆乳鍋と続々登場するようになったが、本日のわが家は最近話題のカレー鍋。具材は和洋どっちでも可というのがいいね。一見、スープカレーのようでもあるが、味はほのかに和風感覚。もちろん、ご飯にかけて食べても旨い。ホッピーが進むよ。最後はうどん玉を入れて、カレーうどんにして食べようと思っていたが、途中で満腹になってしまい、そこまでたどり着けず。
残ったつゆと具は冷凍保存し、カレーうどんはまた日を改めて。
[PR]
by haku_mei | 2008-10-28 12:42 | 呑む |
2008年 10月 20日 |
八重洲地下街「サピド」で。

a0011081_1223172.jpg八重洲地下街で待ち合わせ。しかし、今の八重洲地下はリニューアルに次ぐリニューアルで、拡張の一途。ちょっと出口を間違えると、ここはどこ私は誰状態。「八重洲地下街という名のエリアはここしかない」と嫁に連れて行かれて、ああここだと、ようやく思い出す。銀座ライオンとか、新幹線の待ち時間によく利用したなあ。ただ、それ以外の印象が薄い。この界隈にあるのは、チェーン系ばかりと思っていたが、こういう本格的なイタリアンもある。喫茶店のような素っ気ない内装ながら、生牡蠣やらアカザエビのパスタやら、出てくるもののクォリティは高い。ガーリックトーストがとりわけ美味。普段このあたりを仕事で歩き回っていないと、こういう店を見つけるのは難しい。a0011081_12241261.jpg

帰る際、玉乃光酒蔵を見つけ、ここには一回入ったことがあると思い出した。そうか、ここも八重洲地下街だったのだな。もっと徘徊してみると、新しい発見がありそう。
[PR]
by haku_mei | 2008-10-20 12:24 | 呑む |
2008年 10月 15日 |
新宿「達磨」から、厚生年金会館を経て、「呑者家 銅羅」、さらにゴールデン街。

達磨で軽くホッピーを飲んだ後、厚生年金会館に「シング・ハーレム・シング!」を観に行く。ミュージカル、ではないね。「黒人音楽50年史を歌でつづるライブ形式のショー」と、どこかのサイトに説明があったが、まさにそれ。ゴスペルで始まり、ソウル、R&Bの名曲を次々と歌い、最後またゴスペルで締める。一番盛り上がったのは、その最後のゴスペルのところ。途中もっと名曲オンパレードになるかと思ったらそうでもなかった。特にモータウン系は全く出てこない。それから、終盤に出てきた日本人らしきダンサー3人が、ロボットダンスを延々と繰り広げるのには、退屈した。下手だし踊りも揃ってないし、よっぽどブーイングしようと思ったよ。

その後、同行者の1人である、しゃーろっと嬢に連れられて、呑者家 銅羅(どんじゃか どら)へ。店内の壁一面にメニューがびっしり。こういう店では、まずコロッケとポテサラだな。ちくわのカレー天も旨かった。生牡蠣も旨かったが、個人的にはカキフライが好み。揚げてあれば何でもいいのか、お前は。「あけてくれ!」といえば、ウルトラQの有名な最終回だが、自分の場合はさしずめ「揚げてくれ!」だな。

ここで飲んでいる内に終電を逃してしまい、どうせならと、またもしゃーろっと嬢の引率でゴールデン街。若い女性が1人で仕切る店。店名失念。結局、タクシーで所沢に戻る。朝まではさすがにもう無理。

*追補
このゴールデン街の店は、後からわかったが、実は「しの」という、古くからある名店だった。本来は名物ママさんがいるのだが、この日はたまたまいなかったようだ。

[PR]
by haku_mei | 2008-10-15 00:00 | 呑む |
2008年 10月 07日 |
a0011081_12545150.jpg横浜・山下公園「角平」から、石川町「ひょうたん」。

所用あって横浜へ。まだ日は高いが、山下公園の産業貿易センタービル地下の角平で、ビールと種込みつけ天。この店に天ざるというメニューはなく、その代わりがつけ天。海老天が温かいつけ汁の丼に入って、もりそばと共に出てくる。これに海老天一本さらにカボチャとししとうの天ぷらがプラスされると「種込み」。いろいろな「種」が「込み」になっているからだと思うが、「角平行ったら、種込みを食べるといい」と言われて、誰もが「タネゴミ」と発音するので、最初は「え、ゴミ?」と見当がつかなかった。しかし、この海老天はでかいし旨い。つけ汁が温かいのもいい。これだけ見ると、いわゆる天抜きってやつだね。

腹ごなしに山下公園を散歩して、観光客でごった返す中華街を抜ける。肉まんの店が増えている。中華料理世界チャンピオンだかの店らしい。世界チャンピオンが作る肉まんね。そんなに違うのか。でも90円と安いので、行列ができている。かつて、いつも店頭に行列ができていた江戸清には、客があまりいなかった。今も500円の肉まんを売っているが、そりゃ客は90円の方に行くだろう。自分は、この店がテレビで紹介されて人気絶頂だった頃から、500円も出して肉まんを買う気はしなかった。
中華街は、明るく清潔になった分、路地裏にあった怪しい雰囲気は完全に消えた。一部、原宿・竹下通り化が垣間見える。それが、この街にとっていいことかどうかはわからない。

a0011081_1255446.jpg石川町駅のガードをくぐり、ホルモンを食べにひょうたんへ。焼肉ならビールだが、ホルモンにはホッピー。シロとナンコツが美味。嫁がチョイスした豚バラカレー味もいける。追加注文したカルビは当然旨い。もっと腹ぺこの状態で来たかった。
[PR]
by haku_mei | 2008-10-07 12:57 | 呑む |