<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 11月 11日 |
二日目
スパークリング赤ワインとロゼ。
家で。

前日より所沢に滞在中の高名な酒徒が、本日は、わが家で自慢の料理を振舞っていただけるという。何と恐れ多いことであろう。わが家のキッチンに立ち入った酒徒は、さっそく料理に取り掛かる。材料を切り始めた酒徒が、ふと呟く。
「この包丁は切れぬな」
「す、すみません、こちらの砥ぎ器をお使いください」
あわてて砥ぎ器を酒徒に渡す。しかし、さすが酒徒、弘法筆を選ばずの喩え通り、鮮やかな包丁捌きで作業を進めていく。
そうしてできあがったのが、以下のメニュー。

・カリカリベーコン入りポテトサラダ
・鯛のカルパッチョ
・マグロのタルタル(なめろうのようでもある)
・ムール貝の白ワイン蒸し
・大根と豚の角煮

そして、〆には、酒徒が直々に持参した新米を炊いたご飯とお吸い物。まさに聖なる昼餐。
酒徒が厳選した、スパークリング赤ワインとロゼとともに、じっくりと味わう。
どれも美味であるが、特にポテトサラダが絶品。ベーコンが効いている。
a0011081_1749533.jpg「ポテトサラダを作るときは、あまりマヨネーズを入れすぎてはならぬ。水っぽくなってしまうぞよ」
酒徒の箴言が心に響く。マヨネーズ好きの自分は、特に自らを戒めねばならない。

楽しい宴はあっという間に終わり、酒徒は「さらばじゃ」と言い残し、帰っていかれた。
またの降臨をお待ち申し上げております。
[PR]
by haku_mei | 2008-11-11 17:51 | 呑む |
2008年 11月 10日 |
一日目
サングリアと赤ワインと焼酎水割りとCCソーダ。

所沢「メルロ」から「天天」を経て、「デスペラード」。

本日は、都心から高名な酒徒が、所沢までわざわざお出でいただくということで、われわれ4名が丁重におもてなしをする。
まず向かったのは、立ち飲みワインバーのメルロ。酒徒は、特にワインには詳しいため、この店を気に入られるかどうか不安であったが、「接客に多少不満があるが、総じていい店である」との評価をいただいた。
次は、がらりと趣向を変え、中華の天天。セレブでスノッブな酒徒が、このような庶民的な店で大丈夫か不安であったが、「非常にいい店である」と評価され、この店のお薦めである白ゴマ排骨坦々麺を、おいしそうに平らげておられた。
最後は盃横丁のソウルバー・デスペラード。プロペ通りが所沢の竹下通りなら、この盃横丁は、いわば所沢のゴールデン街。居酒屋、スナックなどが軒を並べる中、「Desperado Soul Regend」という看板が一際目を引く。店内は案外広い。U字型のカウンターの横に、テーブル席が3つほど。マスターは、中折れソフトをかぶった小粋な紳士風。だが、われわれが入店したときは、なぜか矢沢永吉がかかっていた。すでに泥酔状態の先客がおり、「あのお客様のリクエストなので・・・」とすまなさそうに笑うマスター。その客が帰った後、われわれのリクエストタイムが始まる。ワッツタックスのDVDがあり、それをかけてもらう。スイッチが入って、一気に高揚するうちの嫁。逆に酒徒と自分は睡魔に負けて、ついウトウト。嫁が次にリクエストしたEW&Fで目が覚める。さんざん飲んで、12時過ぎに撤収。酒徒は終始ご機嫌であられたので、われわれ一同深く安堵して、降臨一日目は終了した。
[PR]
by haku_mei | 2008-11-10 12:55 | 呑む |
2008年 11月 04日 |
立石「栄寿司」から「毘利軒」を経て「Cafe MAD STAR」。

酒飲みの聖地、立石。今や、イスラム教徒におけるメッカのごとく、その聖地へ巡礼に赴く酒徒たちは、後を絶たず、年々増加の一途をたどる一方だという。われわれもまた、今回、敬虔な酒徒となり、立石に降り立った。
しかし、ここは聖地であると同時に魔都でもあり、一度足を踏み入れたら最後、生還できなかった者も多いと聞く。そこでわれわれは、現地を熟知する、Cafe MAD STARのオーナー、バリュー氏にガイドをお願いすることとなった。
バリュー氏の先導の下、まず入店したのが、栄寿司。一同、鯖に感動し、煮イカに打ち震え、牡蠣に悶絶する。次に向かったのが毘利軒。本場大阪風串カツをあふあふと頬張るうちに、遅れてきた酒徒たちが、次々と合流する。
そしてついに、満を持して、今回の最終目的地、Cafe MAD STARに到着したわれわれは、酒神バッカスを称える儀式を行うべく、全員で歌と踊りに興ずることにした。ジミヘンが降臨する者あり、スツールの上でデッドオアアライブを絶唱する者あり、儀式は深夜まで及び、酒徒たちは皆、法悦の境地に達したのであった。
だが、これだけではまだ、聖地の入り口に立ったに過ぎないと、酒徒たちは第2回、3回の巡礼の旅を実施するべく、固く誓い合い、聖地を後にするのだった。
[PR]
by haku_mei | 2008-11-04 12:26 | 呑む |