<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 06月 09日 |
鶯谷「信濃路」から、上野「SARU」。

信濃路は24時間・365日オープンの店。飲み屋界のジャック・バウアー。鶯谷駅北口を出てすぐの場所にある。店内の品書きを見渡すと、つまみというより、おかずという方がふさわしい品が並ぶ。酒も飲める定食屋だね。高級珍味(カラスミとかキャビアとか)をあまり評価しない自分は、こっちの方が好み。中国人のお姉さんに、串カツ、ハムカツ、マカサラ、餃子を注文し、ご飯の代わりに酒を飲む。

a0011081_1223576.jpg


ここのチューハイは、下町でよく見る、焼酎とソーダが別になって出てくるタイプ。コダマサワーが泣かせる。タモリ倶楽部でも紹介されてたなあ。焼酎がまためちゃめちゃ濃い。ほぼ臨界点。この濃さは、自分が知る限りでは、新橋ぼんそわに匹敵する。当然、ソーダが余るため、ナカのお代わりをしようと思ったが、そうするとこれだけで酔っ払ってしまうと思い、ソーダは注ぎ足しながら消化して、改めてホッピーを頼む。ホッピーもまた、大ジョッキで出てきた。

酔い覚ましに、上野公園をぶらぶらと散策し、上野駅前に出る。上野広小路に向かって、賑やかな中央通りを歩き、鈴本演芸場を越えたあたりで路地に入る。ここから先は、焼肉屋と風俗店が乱立するエリアで、周囲を飛び交う会話に日本語が占める割合が急に減る。SARUはそんな一角にぽつんとある。ラムの品揃えが豊富で、今夜もマスターのお薦めをいただく。誠に上野らしからぬ店。特にこの周辺とのギャップが激しい。まさに、人間到る処名店あり。
a0011081_12213884.jpg

[PR]
by haku_mei | 2009-06-09 12:24 | 呑む |
2009年 06月 03日 |
練馬「アニマド」から、所沢「OAKS」。

先週に引き続き、またまたsin氏を呼び出す。自分は遅れてアニマドへ。先乗りしていた嫁は、すでにその店のサングリアを飲みきったという。イカ墨パエリア、トリッパ煮込み、魚介のアヒージョなどを食べつつ、白ワイン。月曜日でもあるし、ここでお開き、とはならず、sin氏とともにもう一軒行くことに。忙しいときに限って、飲んで勢いがついてしまうんだよねえ。
sin氏に「所沢にいい店があるんですよ」と連れて行ってもらったのがOAKS。西武池袋線と新宿線のちょうど間にある。以前はバーボンオンリーだったらしいが、今日入ってみたところでは、シングルモルトも相当な品揃え。見たことも、当然飲んだこともない酒を飲む。メーカーズマークはブラック、カナディアンクラブは20年と、どれも旨いが、特にグレンモランジは、ポートカスクフィニッシュでほんのり甘味があり、極上の一品。しかも、お値段はどれを飲んでも、大体800~900円、時々1000円オーバー、という感じ。いい店だと思うが、問題がないわけではない。

a0011081_213007.jpg


名曲喫茶だね。自分も今日、マスターに「お静かに願います」と言われてしまった。大騒ぎして他人に迷惑をかけるのは論外だが、話が弾んで、つい声が大きくなってしまうことはよくあるので、それがダメとなると、1人で来るしかない。
1人で来て、ショパンのバラードに耳を傾けながら、目を閉じて、ウヰスキーの馥郁たる香りと深い味わいを心行くまで楽しむ。そして、マスターに向かって、呟くようにポツリと一言。
「・・・いいね」
「・・・はい、ありがとうございます」
会話はそれで終わり、店内にはまた、ショパンの調べだけが・・・。



というような飲み方は、到底できそうもない。
[PR]
by haku_mei | 2009-06-03 21:34 | 呑む |