<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 07月 16日 |
練馬「アニマド」から、「ISLAY(アイラ)」。

いきなりの梅雨明け。暑いですなあ~。こういう日は、何といってもビール!となるわけだが、爽やかな口当たりのモヒートも実によろしい。
しかし、アニマドのメニューにモヒートはない。先に到着していたsin氏が、西友でミントを買って持ち込み、マスターに作らせていた。
あっという間に3杯飲み干す。

二軒目は、sin氏が以前一度だけ行った店に行ってみようということになった。3人で50,000円はすると言われ、そりゃ一体どんなキャバクラだと思ったら、シングルモルト専門の店だという。
それにしても、その金額はただ事ではない。しかし、アルコールが入って気が大きくなっている我々に怖いものなどあるはずはなく、一路、その店アイラへ。
壁一面にウィスキーのボトルが並び、カウンターとテーブル席が3つほどの、オーセンティックなバー。天井にはスコットランド国旗が2つ飾ってある。我々が口開けだったようで、他に客はいない。バーテンダー氏が、品定めをするかのようにこちらを見る。ちょっと緊張するなあ。店名が店名だけに、やはりここはアイラモルトを頂こう。この店のオリジナルボトルに入ったラガヴーリンをロックで飲む。驚くほど飲みやすく、すぐグラスが空になる。これだったら、ストレートで飲んでもよかった。さて2杯目は、と店内を見回すと、「早い者勝ち」と書かれたプレートがついたボトルがある。ボウモアのようだが、そのラベルは見たことがない。
50年前に蒸留されたものとのことで、ちなみに1杯おいくらですかと聞くと・・・・15,000円(@_@) 

a0011081_1749281.jpg


しかし、ここまで聞いて後には引けぬと、つい注文。清水の舞台からバンジージャンプしたような気分。普段、立ってホッピー飲んでるような人間が、こんないい酒飲んでいいのだろうか。もちろん、ストレートでじっくりと味わわせていただく・・・つもりが、これもすぐ空に。アイラモルト独特の風味は残しつつも、まろやかな味わいになっていて、さすがに旨い。当然か。
3杯目は、ちょっと趣向を変えてアイリッシュウィスキーのレッドブレスト。これも何年物だったかのはずだが、忘れてしまった。
お会計は、15,000円のボウモア以外は、それほど高いものを頼まず、量も飲んでいないので、3人で35,000円ほどだった。ここはまた来てみたい店。腰をすえて飲んだら、どのくらいかかるのか、少し怖いけど。
[PR]
by haku_mei | 2009-07-16 17:47 | 呑む |
2009年 07月 06日 |
代々木「おくどさん」から、「My Back Pages」。

しゃーろっと嬢の引率で、まずは立ち飲みのおくどさん。黒しかないが、生ホッピーが飲めるのがいい。生ホッピーという奴は、実に飲みやすいので、ビールよりも早いピッチでジョッキが空く。安く上げようという魂胆でホッピーを飲むのに、ついつい飲みすぎて、逆効果になることもしばしば。今日は、次の店が決まっていたので、ここでずっと管を巻くことなく、ホッピー3杯で移動する。

My Back Pagesで、バーボンのボトル入れて、串カツとホワイト餃子。ここは、いわゆる「ロック喫茶」テイストの飲み屋ですね。新宿から中央線沿線にかけて多いタイプ。自分が昔よく行っていたのは、渋谷の「BYG」という店だったが。
マスターは、ヒゲに長髪にバンダナと、実に期待を裏切らないルックス。店内で流れる音楽は、リクエストも受け付けてくれるようで、映像があれば、それを流してくれる。一同、我も我もとリクエストをお願いする。自分がお願いしたのは、Thin Lizzy、Chicago、Steve Miller Band、AC/DCと、見事に不統一。店にはそぐわなかったかと心配するものの、酔った勢いというものは如何ともしがたく、マイケル・ジャクソン・トリビュートとしてかかった「We are the world」でスイッチが入り、ついには「Beat it」のPVで、マイケルに合わせて店内で踊った、というのは、多分夢だったに違いない。
[PR]
by haku_mei | 2009-07-06 18:47 | 呑む |