2011年 02月 20日 |
銀座「勘兵衛」で。

たびたび、その店の前を通るのだが、まだ入ったことはなかった。何せ、場所は銀座、大通りから一本外れた裏通りで、周りに飲食店もあまりなく、「すし屋の勘兵衛」という暖簾だけが入口にかかった、上品な佇まいの、いかにも隠れ家風の店。もちろん、外からは中の様子を窺い知ることはできない。こりゃあなた、入るのはちょっと躊躇しますよ。一見さんお断り、誰かの紹介がないと入れないのではないか、とも思ったのだが、こういう店で鮨を食べてみたいという誘惑には抗えず、ネットで調べてみる。すると、店の情報は出てくるものの、以前その店が月島にあったときのものばかりで、電話番号も古く、その番号はもう使われていない。

これは直接赴くしかないと、一度意を決して戸を開けたところ、その日は予約でいっぱいで、またお越しくださいと、店の名刺をいただいた。そして、今日、予め電話で予約をし、満を持しての訪問となった。店内は、10人ほど座れるL字型のカウンターと、テーブル席が2つ。どちらも掘り炬燵形式で、靴を脱いで上がる。カウンター席に座り、早速おまかせで握ってもらう。鮨を握るのは店の大将一人だけ。奥さんがお運びを務める。大将は、森山周一郎をスリムにしたようなルックスで、実に気さくな人。一見の我々に、いろいろ気を遣っていただく。「今日のネタはあまりよくなくて・・・」と言うわりには、どれも悶絶するような旨さ。ウニは軍艦巻きにせず、そのまま握り、塩をちょっと振る。付け台に置くと崩れてしまうので、大将が手のひらに載せて差し出すのを、そのまま取って食べる。マグロのヅケはあっさりめ。「あんまり漬けすぎるのは好きじゃないんですよ」と大将。珍しいネタでは、ニシンや鯨の尾の身。あと、ナントカダイとかナントカイカとか、旨かったことしか記憶になく、名前を忘れてしまった(泣)。

門仲「太陽」の店主を知っていて、一時期同じ店で、彼の下で働いていたとか。今、太陽の店主は好々爺という感じだが、「当時は厳しい人でしたね」と言う。太陽に行かれたことはあるんですか、と訊くと、「平日は休めないんで、まだ行ったことはないんですが、行ったとしても、握ってくれなんて恐れ多くて言えません」と笑う。

最後に出てきた玉子焼きが、これが何とも。旨い旨いと食べてたら、お家でも食べてみてください、とお土産に渡された。「明日になったら、出汁が染みて味が変わりますよ」と言われた玉子焼きがこれ。

a0011081_23333033.jpg


何だか美しい工芸品のよう。確かに、前日食べた時より、甘みが増している感じ。醤油も何も付ける必要なし。

鮨、大将の人柄、全てにわたって、期待をはるかに上回る店。そして、鮨に限らず、料理はその人柄が現れる、としみじみ思ったのでありました。
[PR]
# by haku_mei | 2011-02-20 23:38 | 呑む |
2011年 02月 06日 |
天満「酒の奥田」から「天満酒蔵」。

2月になったのに、最新のエントリーが「あけましておめでとうございます」では、みっともないので、久々の更新。

前日、福岡出張から戻って、会社に顔を出し、その日の夕方大阪入り。いつもなら、もっと遅いため、新大阪着が9時半ぐらいになる。弊社の大阪支店は新大阪にあり、ホテルも駅近辺にとる。新大阪というところは、まあ、飲み食いに関しては、興味をそそられないことおびただしく、かと言って、夜遅く着いた場合は、電車に乗って他の繁華街へ出撃する意欲もなく、というわけで、つまらぬ夜を過ごすことが多い。

今回は、久しぶりの夕方着なので、もちろん出撃。と意気込む割りには、近場の天満。新梅田食道街へ行くことも多いが、こっちの方が開放感があるね。基本的には商店街を行き来すればよいので、道に迷うこともない。

まずは、串カツを食べようと、酒の奥田。一本ずつの注文でもOKなのがよろしい。二本縛りの店って案外多いんでね。前菜にポテサラを頼んで、鶏モモ、オクラ、ズリニンニク、どてカツを食べる。一本のサイズが大きい。それに、ソースがちょっと独特。ほんのり甘い。これはなかなかイケる。生ビールの後は、サングリア。立ち飲み串カツ屋でサングリアとは珍しい。

a0011081_15421831.jpg


ここにずっと腰を落ち着けても、というか、立ち飲みなので足を落ち着けてもよかったのだが、せっかく、飲み屋のワンダーランドに来ているので、他の店の探索へ。

うろうろしたが、これはという店が見当たらない。こういう時は、ここへ行くに限る。天満酒蔵。
扉を開けると、客の多くがテレビに見入っている。何か重大ニュースかと思いきや、タイガースのキャンプレポート。とりあえず、ビール大瓶を注文。驚愕の350円。さらにおでん盛り合わせ、酎ハイ。

a0011081_1544972.jpg


締めにおぼろ昆布の載った湯豆腐を食べて終了。

a0011081_1544392.jpg


まだ早かったけど、ホテルへ帰ってバタンQ。
[PR]
# by haku_mei | 2011-02-06 22:14 |
2011年 01月 03日 |
a0011081_22253969.jpg

今年もよろしくお願いします。

三が日は、ほとんど家から出ず、飲んで食べて寝て、の繰り返しだった。3日になって、餅とお節にも飽きてきたので、夕方外出する。そろそろ初詣客も減ってきただろうと、富岡八幡に行ってみる。予想通り、人出もあまりなく、スムーズに初詣を済ませ、お札と破魔矢を買う。どこかでご飯を食べようと、門仲界隈をうろうろするが、まだ正月休みの店のほうが多い。久しぶりに焼肉が食べたいと、何の予備知識もなく、目についた店に入る。モダンな内装で、BGMはマイルス・デイヴィス(店主の趣味かと思ったが、たまたまFMから流れていただけだった)。

早速、カルビ、ロース、タン塩、ホルモンをオーダー。うーん、タン塩はカチカチに凍った状態で出てきて、なかなか焼けない。ロースは妙にパサパサ。カルビにはきれいにサシが入っているのに、まったく脂っ気がない。ちなみにすべて「上」なんだけどね。ホルモンにいたっては、噛んでも噛んでも噛み切れず、飲み込むしかなかった。トホホと思いつつ、締めにライスを頼む。ところが、これが変な、それでいて懐かしい匂いがする。何の匂いだろうと、考えていたら、思い出した。炊飯ジャーの匂いである。ずーっと保温しっぱなしだったのね。こういう匂いのするご飯を食べたのは、大学の時の学食以来。いやあ懐かしいなあ、また来る・・・訳がない。

正月早々、外してしまったが、とんと気にせず、今年も、新規開拓に励みます。
[PR]
# by haku_mei | 2011-01-03 22:28 | 慶事 |
2010年 12月 27日 |
池袋「うな鐵」から、「バレルハウス」。

本日は、池袋でコージー大内のライブ。その前にうな鐵で腹ごしらえ。ロサ会館辺りは、相変わらずいかがわしい雰囲気だが、人出はまばら。十分暖まったと思い、店を出てバレルハウスに向かうも、あまりに寒く、途中のホテルの喫茶店に一時避難を余儀無くされる。危うく遭難するところだった(嘘)。
お目当ては、コージー大内だが、本日の共演はB.B.KIRINというミュージシャン。鉄製のギターを弾くブルースマン、ということで、そのギター、どこかで見覚えがある、と思ったら、ダイアー・ストレイツの「ブラザー・イン・アームズ」のジャケ写。マーク・ノップラーのギターもこれだったか。KIRIN氏は、ギターを弾くだけでなく、パーカッション代わりに叩いて、ブルースを始め、様々なジャンルを華麗にプレイする。これで、現役サラリーマンというから驚く(しかも、その名の由来となったビール会社の前北九州支店長!)。ご本人は、柔和な紳士で、和民の社長をもっと穏やかにしたような方。

B.B.KIRIN氏のプロフィールはこちら

さて、いよいよコージー氏の登場。噂に違わぬ、どブルースを披露。本人の経験を元にした詞を、大分弁で歌いあげる。九州に限らず、ブルースは西日本の方言に向いているのか。そして、その詞は、いろいろな経験を積み重ねてきた者でなければ、出せないオリジナリティ。「ブルースとは、私小説である」と、ふいに思いつく。踊るようにギターを弾くのが、キース・ムーンのドラミングのようだ。

年の瀬に、いいライブに出会えてよかった。それでは、皆様良いお年を!

コージー大内「オヤジブギ」@江古田倶楽部

[PR]
# by haku_mei | 2010-12-27 13:14 | 観る |