カテゴリ:その他( 64 )
|
|
2011年 11月 27日 |
更新月2回なんて書いときながら、4ヶ月ぶりのエントリになってしまった。まあ、その間も呑んでいたわけですが。

よく、「当店では純粋にお酒を味わっていただきたいので、フード類はあえてご用意しておりません」なんて店がありますね。そういう店があってもいいし、そういう店に行きたい人がいてもいいとは思いますが、私から見ると「手抜き」に見えちゃったりするわけです。
確かに、酒を呑む時、ほとんど食べない人もいますけど、だいたい酒呑みというのは、量はともかく「ちょっと美味しいものをつまみたい」と思ってるわけで、そういうつまみが出てくるとうれしいものなんです。

私の経験から言うと、酒を売りにしている店は、それと同じぐらいフードも充実している。モルトウィスキーマニアがひっきりなしに訪れる、氷はないので飲み方はストレートのみ、というようなバーでも、がっつり食べられるメニューがあるし、モルトもシェリーも品揃えが半端なく、キッチンスペースが半畳しかないような店でも、パスタのパエリアなんてものを出してくる。オイルサーディンの缶焼きのような簡単な一品でも、必ず一手間かける店もある。店内でコンロが使えなくても、自宅で作ったポテサラやカレーを出してくれる店も知ってるし、角打ちだって、缶詰やらスナック菓子などつまみは豊富、頼めば魚肉ソーセージを炒めてくれるところだってある。

要は、その店に「客をもてなす心」があるかどうかで、どんなに内装が素晴らしくても、フードに無関心な店は、手抜き、いや、怠慢でしかない、と思います。
いい酒を揃えているなら、それに見合ういいつまみを出す。それがいい店。
[PR]
by haku_mei | 2011-11-27 15:39 | その他 |
2011年 07月 11日 |
往生しまっせ別館オープンのお知らせです。

「往生しまっせ別館:ポテサラ部」
[PR]
by haku_mei | 2011-07-11 09:59 | その他 |
2010年 06月 01日 |
ウチのマンションの1階がラーメン屋で、その隣もまたラーメン屋になっている。一軒は開店前から行列ができ、閉店まで行列が途絶えることのない超人気店で、ご多分にもれず、もう一軒はいつもガラガラ。ラーメンは好きだが、並んでまで食べたくない自分は、まだその人気店に入ったことがない。不人気店の方は、夜も営業しているので、所詮はラーメン、そんなに違いはなかろうと、先日ちょっと入ってみた。

空いているのはありがたいが、店主も店員も、どことなく覇気がない。嫁はつけ麺を頼み、自分はビールとつまみを頼む。そして、静かに時は流れる・・・。店主がしゃべらないのはいいとして、調理する音がまったく聞こえてこない。普通、食材を刻む音とか炒める音とか、食器がぶつかってカチャカチャいう音が聞こえてきそうなものだが、シーンとしている。ホントに作ってんのかいな、と思っていると、「どうぞ・・・」と、そっと差し出してきた。自分が頼んだのは、チャーシューと野菜の炒め物だったが、これが熱くない。嫁のつけ麺も、スープがぬるかったらしい。当然、おいしくない。やはり、お客さんはよく知っていらっしゃる。

後日、気がついたが、夜、家に帰ってくると、たいてい、店主と店員のどちらかが外でタバコを吸いながら、携帯をいじっているのに出くわす。

デスノート追加もやむなし。

しかし、一方の人気店はそんなに旨いのか。
[PR]
by haku_mei | 2010-06-01 17:57 | その他 |
2010年 04月 13日 |
門前仲町は飲食店の数も多いし、レベルも高いが、当然のことながら全部がそうというわけではない。

先日は、以前からチェックを入れていた、ワインと煮込みが売り物の店。7時過ぎに入ったときは、客は我々二人だけだった。
黒板メニューには、なかなか旨そうなものが並んでいる。さっそく、旬が過ぎてしまって、新橋では食べそこねた焼き筍を頼む。出てきた筍は大ぶりでいい感じ。でも、ライムは要らないと思う。アスパラとカニクリームコロッケはまあまあ。〆には、トリッパとトマトソースのパスタ。煮込みが自慢というからには期待できる。出てきたのはペンネで、見た目は美味しそう。
食べてみると、トリッパがちょっと生臭い。ソースもケチャップ味のようでコクがない。ナポリタンなら、これでいいかもしれんが。
残念ながら、二度と行かない店リスト(通称デスノート)に追加決定。
後で、グルメサイトにこの店が紹介されていて、コメントがついているのを発見した。
それによると、5点満点の大絶賛で、「料理が店長の自家製で」とあった。
ポイントはそこですか。
自家製じゃない料理を出す店は、ファミレスとファストフード店ぐらいだけどね。

別の店。店の前を通りかかって、いい印象があったので、日を改めて予約の電話を入れた。
「今日2名、これから行きたいんですが大丈夫ですか?」
「ちょっとお待ちください」
エレクトリカルパレードのテーマが流れること、2分ほど。
「あっ、大丈夫です」
「ありがとう。後、タバコ吸えますか?」
「ち、ちょっとお待ちください」
再びエレクトリカルパレードのテーマ。
1分ほど待ったが、相手が出ないので電話を切る。どんだけ時間かかっとんねん。
デスノート入り決定。
店に行く前にデスノート入りとなった、過去最速事例でした。
[PR]
by haku_mei | 2010-04-13 12:30 | その他 |
2008年 02月 11日 |
a0011081_14462526.jpg床がとても綺麗になりました。
WANDO店主様のおかげです。
[PR]
by haku_mei | 2008-02-11 14:41 | その他 |
2008年 01月 06日 |
a0011081_23541066.jpg2008年新春。
本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by haku_mei | 2008-01-06 23:57 | その他 |
2007年 07月 31日 |
三泊四日の那覇ツアーに行ってきた。ツアー中、口にしていたアルコールはほぼタイトルの三種に尽きる。後は浜辺で飲んだ缶チューハイぐらい。

行ったお店は以下の通り。

・初日
「ししいゆ」
ほんとは有名なステーキ屋に行くはずが、歩いている途中で同行者が「ここ、いいんじゃない?」と言って、入った店。気取らない和風ダイニングバーといった風情で、これが当たり。刺身盛り合わせと寿司と沖縄風焼きそばを頼み、何はともあれオリオンビール。そして、ここで口にした残波の白ボトル(25度)のロックに感動する。飲みやすいというレベルではなく、あっという間にグラスが空になる。このヤバさは、去年新潟で飲んだ〆張鶴の夏季限定吟醸冷酒より勝る。ちなみに、店名の由来は、沖縄方言で、肉(しし)と魚(いゆ)。

「所作バー」
かつて、新所沢の楽蔵屋で、日曜日だけカウンターに入っていたショウちゃんが、何を思ったか単身沖縄に渡り、今年の7月にオープンした店。沖縄に行ったと聞いたときは、楽蔵屋店主をはじめ、常連一同心配したものだが、まだまだ完璧とまではいかないものの、店も店主もそれなりに様になっていて、とりあえず一安心。早くフライヤーとホームページ作れ。ここでもまた、残波白をシークヮーサーで割ってがんがん飲み、べろべろになってホテルに帰る。

・二日目
真壁ちなー
タクシーで糸満の方へ行く途中に、運転手さんが教えてくれた店。エアコンなど使わなくても、扇風機と店内を通り抜ける風で十分涼しい。しかし、この店はわかりにくい場所にあるので、人に連れてってもらわないと多分無理。

高良(たから)食堂
ホテルの近所にあった定食屋。その前を通っただけで、実に旨そうなオーラを感じたが、実際に有名な店らしい。ソーキそばを頼んだら、ソーキ(豚の骨付きあばら肉)の量が半端じゃない。麺も多くて、食べても食べても全然減らない。そばを頼むとき、もう一品頼んでシェアしようと豆腐チャンプルーを追加する。値段が300円だったので小皿で出てくるのかと思ったら、大皿にたっぷり乗って出てきた。しかも、茶碗にてんこ盛りになったご飯付き。気分はTVチャンピオンの挑戦者。ご飯と麺だけはクリアしたが、そこでギブ。

「ししいゆ」
夜、遠出するのが億劫になってしまい、昨日に続いてししいゆ。

・三日目
三笠
この店もタクシーの運転手さんに教えてもらった。年中無休・24時間営業の、運転手さんたち御用達の店。ソーメンチャンプルーとへちまの味噌煮を注文。案の定、チャンプルーも味噌煮も量が多い。味噌煮には皿に山盛りのご飯が当然のように付いてきた。チャンプルーにもご飯が付けられるけどいいかと訊かれるが、涙を飲んでお断りする。もう一品追加しそうだったのをやめて正解。どちらも旨いが、沖縄料理独特の味のポイントは塩と味噌か。味噌は、自分が馴染み深い赤味噌系の味がする。

ステーキハウス88
ホテルの近くにも旨いステーキ屋がないかと訊いて、教えてもらった店。テンダロインステーキとスモールステーキ。タコスならいいだろうと、もう一品追加。しかし、これがまた結構な強者で、ひき肉とキャベツが隙間なくびっしりと詰まっている。何とか完食。

「所作バー」
那覇最後の夜なので、ショウちゃんの顔を見に行く。精進しろよ~。

・最終日
「ステーキハウス88」
昼食を高良食堂でリベンジしようと行くものの、店のシャッターに貼紙が。何と、店舗移転のため今日からしばらく休業とか。われわれは実にラッキーだったのだ。それではと、昨日行った88のランチメニューが旨そうだったので、88へ。Bランチ(480円!)とメキシカンランチ。

かくして、飲んで食ってばっかりの那覇ツアーであった。
[PR]
by haku_mei | 2007-07-31 17:50 | その他 |
2007年 07月 17日 |
所沢「MOJO」で。

MOJOオープン3周年記念80's&ホッピーナイト。回を追うごとに盛り上がりを見せるホッピーナイトだが、今回は特に目玉がないのにもかかわらず、7時にはカウンター席はすでにフル。8時に開会の挨拶を主催者が(自分ですが)行うときには、テーブル席もほぼ満員状態。マスターの人徳だねえ。
今回の自分のセットリストは以下の通り。

スローなブギにしてくれ/南佳孝
Mr.Roboto/Styx
Cold As Ice/Foreigner
You Might Think/The Cars
Breakfast in America/Supertramp
Working for the Weekend/Loverboy
My Revolution/渡辺美里
六本木心中/アン・ルイス
Get Wild/TM NETWORK
十戒/中森明菜
そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸
銀河鉄道999/ゴダイゴ
Good Morning-Call/小泉今日子
Pump Up the Volume (UK 12" Remix)/M/A/R/R/S
Rock it/Herbie Hancock
Mega Mix-Dead or Alive/Dead or Alive
All the way/New order

非常に気持ちよくDJさせていただいたものの、重大な事実が判明。今回の縛りは「80年代の曲」だったのに、自分のかけた曲の中に、70年代のものが「混入」していたことがわかった。図らずも「偽装表示」となってしまい、関係者各位には深くお詫び申し上げますm(_ _)m
[PR]
by haku_mei | 2007-07-17 21:29 | その他 |
2007年 04月 07日 |
所沢「MOJO」で。

MOJOスタッフ、M君主催のイベント、「moushiwake night」に前座DJとして参加する。
セットリストは以下の通り。

1999 / Prince
You Might Think / The Cars
Urgent / Foreigner
Move Mountains / Jesus Jones
Bizarre Love Triangle (Extended Dance Mix) / New Order
Xanadu / Olivia Newton John and Electric Light Orchestra
Simply Irresistable / Robert Palmer

何となく、往年のベストヒットUSAチック。他のDJ諸氏とは、まったく異質のラインナップ(苦笑)。早い時間帯での登場だったので、お客さんは3人だったが、前座だから仕方がない。
精進してトリを務められるよう、がんばります!
[PR]
by haku_mei | 2007-04-07 18:33 | その他 |
2007年 03月 20日 |
a0011081_16472747.jpg所沢「MOJO」で。

今や伝説となったホッピー祭り(写真は第3回開催時の告知ポスター)。今回はイベント盛り沢山(DJ+ライブ+落語!)で、初めてイベントらしいイベントになった。お客さんも早い時間から多く集まり、大盛況のうちに終了。自分もCDJ駆使して好きな曲をかけられて満足至極。自分のセットリストは以下の通り。

「夏色のナンシー」早見優
「赤道小町ドキッ」山下久美子
「タイムマシンにおねがい」サディスティック・ミカ・バンド
「ハートのエースが出てこない」キャンディーズ
「ロックンロール・ウィドウ」山口百恵

なにぶん持ち時間が20分と短いため、これだけしかかけられなかった。プレイベントの客入れの時間帯には、八神純子、甲斐バンド、中島みゆきといった、いわゆるニュー・ミュージック系をだらだらとかけていた。
今回、DJ諸氏にお願いしたのは、「全曲日本語の曲で」という一点のみ。こういう縛りにすると、ふだん最先端の洋楽しか話題にしないような人でも、自分の隠れた趣味がモロバレになるので、実に面白い。
[PR]
by haku_mei | 2007-03-20 17:38 | その他 |